【新製品】トミーテック、1/12スケールモデル「陸上自衛隊 偵察オートバイ カワサキ KLX250」を5月に発売

170117_64

陸上自衛隊採用モデルを緻密に模型化!

玩具商品等の企画、製造および販売を行うトミーテックは、1/12スケールモデル「陸上自衛隊 偵察オートバイ カワサキ KLX250」を2017年5月に発売する。

オフロードバイクの人気機種「カワサキKLX250」。可動フィギュアとの組み合わせが楽しい1/12スケールシリーズの新製品となるこのモデルは、陸上自衛隊で採用されている「偵察用オートバイ仕様」と、市販車として2016年に最終生産がおこなわれた「ファイナルエディション仕様」の2種類の姿を模型化している。

170117_71

【関連ニュース】
【新製品】トミーテック、1/12スケールモデル「カワサキKLX250 ファイナル・エディション」を6月に発売

陸上自衛隊 偵察オートバイ カワサキ KLX250

170117_64

170117_66

170117_65
170117_67

製品概要

■商品名
LittleArmory <LM001> 陸上自衛隊 偵察オートバイ カワサキ KLX250

■仕様
1/12スケール
塗装・組立済み完成品
ステアリング可動・スイングアーム可動
本体:ABS タイヤ:TPR

■商品サイズ
全長約18cm

■パッケージ
W210×H175×D100mm

■価格
7,400円(税抜)

■発売日
2017年5月発売予定

フィギュアとの組み合わせ例

170117_70

170117_69

170117_68

陸上自衛隊 偵察オートバイ カワサキKLX250について

陸上自衛隊の偵察隊を始め、普通科・特科などの様々な部隊で偵察・連絡用に使用されているバイク。正式名称は「オートバイ(偵察用)」。防衛装備として専用開発されたものではなく、市販のオフロードバイクを仕様変更して運用している。

基本性能は市販車と同等だが、荷物・無線機用キャリア、防護用のパイプガード、夜間低視認性確保の為の灯火管制装備など、自衛隊独自の仕様が追加されている点が特徴。

自衛隊でオートバイの運用が始まってから様々なオフロードバイクがベースとなったが、2001年からはカワサキKLX250の調達が開始され、現在は、今回製品化されるKLX250のFI装備車が使用されている。

【関連ニュース】
【新製品】トミーテック、1/12スケールモデル「カワサキKLX250 ファイナル・エディション」を6月に発売

→全文を読む

情報提供元 [ トミーテック ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る