【新車】ヤマハ、「GDR155」を発表 アセアン地域でのスポーティスクーターカテゴリーの構築を目指す戦略モデル

03_2017_GDR155_RVersion_IDN_3

ヤマハ発動機は、スタイリッシュなフォルムとスポーティな乗り味を調和させたスクーターの新製品「GDR155」をアセアン地域における戦略モデルとして開発、市場へ導入することを発表した。

本モデルの導入により、ビッグスクーターへと繋がるスポーティスクーターカテゴリーをアセアン地域に新たに構築することを目指すとし、ベトナム向けはモデル呼称「NVX」、タイ向けは「AEROX」として2016年12月から発売、以後インドネシアなどアセアン各市場に導入する。

以下リリースより

新たなスポーティスクーターカテゴリー構築を目指すアセアン戦略モデル スタイリッシュなスポーティスクーター「GDR155」発売

「GDR155」は、“ASEAN Best Sporty Scooter”を目指して、上昇志向の25~30歳男性をターゲットに開発しました。”BLUE CORE”エンジンには始動用動力と発電を兼ねる当社初のスマート・モーター・ジェネレーターを織り込み、静かな始動性を実現するとともに発電ロス低減を図りました。

生産はベトナム、タイ、インドネシアの各工場で行い、各国のお客さまの嗜好を取り入れたカラー&グラフィックで豊富なバリエーション展開を行います。

主な特徴

1)優れた加速性と低燃費を実現する155cc水冷”BLUE CORE”エンジン(VVA※1採用)
2)スポーティな走行性に寄与する116kg軽量ボディ、3)高い運動性能と上質感を表現した斬新なデザイン

標準モデルに加え、サブタンク付きリアサスペンションとウエーブ形状フロントディスクを採用した「Rバージョン」、ストップ&スタートシステム※2、スマートキー、ABSを採用した「Aバージョン」を設定しました※3。

※1 VVA:可変バルブシステム(Variable Valve Actuation)
※2 当社におけるアイドリングストップ機構の名称
※3 各国により導入する仕様は異なります

「GDR155 (AEROX155)」(2017年インドネシア仕様)

03_2017_GDR155_RVersion_IDN_3

02_2017_GDR155_AVersion_IDN_3

01_2017_GDR155_AVersion_THA_3

新たなスポーティスクーターカテゴリー構築を目指すアセアン戦略モデル スタイリッシュなスポーティスクーター「GDR155」発売 広報発表資料 ヤマハ発動機株式会社

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  4. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
ページ上部へ戻る