ホンダの完全自立型バイクが未来を変える

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

ホンダは米国ラスベガスで開催されている世界最大の家電見本市「CES2017」において、「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマに人工知能やビッグデータ、ロボティクス技術を活用したオープンイノベーションを加速させることを発表した。

その中でもとりわけセンセーショナルな話題を呼んだのは、参考出典された完全自立型バイクである。

▲世界最大の家電見本市「CES 2017」において発表された「Honda Riding Assist」

「Honda Riding Assist(ホンダ・ライディング・アシスト)」と命名されたそのバイクは、ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったホンダ独自のバランス制御技術を2輪車に応用した世界初公開の実験車とのこと。

ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減するという。

その一方で、通常の走行時には既存の2輪車と同等の操縦性を実現するなど、ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案、としている。

【関連ニュース】
◆Honda、バランス制御技術を応用した自立するバイクを米国開催の家電見本市「CES 2017」で初公開

ステアリングで自動補正する独自のシステム

「Honda Riding Assist(ホンダ・ライディング・アシスト)」の凄いところは、ステアリング操作でバランス補正を行っている点だ。

「リット・モーターズC-1」に代表されるように、大型ジャイロモーターが生み出す慣性力によってバランスを保つ自立型バイクはこれまでにも開発されてきたが、舵取りだけでバランスをとるという独自の発想にはホンダのプライドを感じさせるものがある。

詳しくはプロモーション動画を見ていただきたいが、バイクが自分でハンドルを左右に切ってバランスをキープし続ける姿は実に摩訶不思議な光景である。その動きは、トライアル選手が停止したマシンで器用にバランスをとるスタンディングスティルを思わせるが、よく見るとライダーは動いていないし、驚いたことにハンドルも動いていない!

つまり、ライダーの入力を必要とない独立したシステムなのだ。

詳しい原理は不明だが、おそらくはコンピュータが制御するモーター駆動のステアリング操作により、フロントタイヤと路面との間に生じる操舵抵抗、および前輪接地点の移動による重心移動の効果によって連続的にバランス補正を行っているものと思われる。

可変キャスター機構を搭載 自動で追尾も

Honda Riding Assist YouTube6

また、極低速になると自動的にフロントのキャスター角を寝かせることでトレール量を稼ぎ、よりバランス補正しやすいディメンションへと“変身”する様子も映し出されている。まさに「トランスフォーマー」の世界である。

詳細な仕組みは不明だが、映像を見る限りステムの部分が独立した機構になっていて、油圧装置のようなもので瞬間的にキャスター角を調整する仕組みのようだ。この可変キャスター効果によって、通常走行ではスポーティなハンドリングに、渋滞路などではバランス補正をしやすくしているようだ。

映像では女性エンジニアの後を追って自動的に追尾する様子も描かれている。

一定の間隔を置いて静かに寄り添うように進む姿はまるで主人に仕える忠犬のようで、見ているだけで可愛く微笑ましい。これが実現したら、旅先ではバイクを降りて一緒に散歩する楽しみも広がるかもしれない。

他モデルへの応用も期待

Honda Riding Assist YouTube7

実験車はNC750Sがベースように見えるが、その構造からしてライディングアシストはフロント部分のユニット単体として、他のモデルにも取り付けられるという狙いもあるようだ。となれば、これがプロダクトとして量産化された暁には、多種多様なモデルが自立可能になる期待も広がる。

従来であれば体格や体力によって乗れるバイクに制約があったり、体の不自由な人は乗りたくても乗れないケースが多かったが、この技術革新によってそうしたハードルが一気に下がるかもしれない。

100年以上のモーターサイクルの歴史の中で、ライダーが長年夢に見てきた“倒れないバイク“。その夢がいよいよ実現しようとしている。

Honda Riding Assist YouTube4

Honda Riding Assist YouTube2Honda Riding Assist YouTube3Honda Riding Assist YouTube5

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
  3. ユーザー:ninariさん 車種名:KAWASAKI エストレヤ 今回は、…
  4. Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介! 今…
ページ上部へ戻る