どうなる、2017年度のバイク動向!?

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

明けましておめでとうございます。本年もWebikeニュースをよろしくお願いいたします。
年始ということで、2017年度のバイク動向を大胆予測してみたいと思います。

100万台実現に向けて正念場の年に

ba6230d27e27c7fc5285ea1001b5cc2f_s

バイクの使用環境の面で変化の兆しが見られます。1980年代から全国で始まったバイクの「免許を取らない、乗らない、買わない」の三ない運動を撤廃する動きがここ数年、各自治体で活発化しています。

「バイクは危ないから青少年から遠ざける」という従来の消極的・短絡的な考えから、「リスクについて学んで正しい乗り方を身に着ける」という積極的な安全教育へ、若年層からの交通教育の徹底へと方向転換すべき時期に来ていると思われます。

【関連ニュース】
◆「三ない運動」が転機 今こそ交通教育の見直しを!
◆群馬県が「三ない運動」を解除 交通安全教育の拡充へ

バイクの使用環境の整備がどこまで進むかに注目

20161019_nexcoebina_01

また、原付二種をはじめとした二輪の免許取得の簡便化についての議論も、昨年に続き今年も続きそうです。

都市部におけるバイク用駐輪場の確保や高速料金の適正化なども含め、2020年の東京オリンピックに向けてこうしたバイクの使用環境の整備がどこまで進むかが注目されます。

業界目標である「2020年までに100万台」を掛け声だけで終わらせないためにも、ファン領域における若者層の取り込みや小排気量車のビジネス利用を活性化させていくことが必須と思われます。五輪まであと3年半。残り時間を考えても、今年は正念場と言えるでしょう。

【関連ニュース】
◆来年4月から「首都高」に新料金導入 距離25kmを境に割高に
◆NEXCO、圏央道料金体系見直し、首都高などでの「料金区分」の新設を発表
◆「クルマの免許で125ccバイクまで」の是非を問う

国産スポーツモデルの巻き返しに期待

2017_CBR1000RR_feature1▲国内での取り扱いがパッセージから発表されている「CBR1000RR/SP/SP2」

今年は国産スポーツモデルの当たり年になりそうです。特に最先端テクノロジーを結集した1000ccクラスのスーパーバイクに注目です。

その筆頭は久々のフルモデルチェンジを果たしたホンダの「CBR1000RR」でしょう。MotoGPマシン「RC213V-S」をベースに開発した総合的電子制御システムを新たに採用し、車体の大幅な軽量化とエンジン出力向上が図られ、ピークパワーは191.76psまで高められています。

さらにクイックシフターやブレンボ製ブレーキ、オーリンズ製電子制御サスペンションを装着した「SP」、そしてマルケジーニ製鋳造ホイールを装着した究極のサーキットバージョン「SP2」が控えています。

また、「サーキット最速」を掲げるスズキのフラッグシップ、「GSX-R1000」に待望のニューモデルが登場します。こちらもMotoGPマシン「GSX-RR」の技術をフィードバックした完全新設計となり、6軸センサーと慣性計測装置によるモーショントラックシステムを導入。

走る、曲がる、止まるを高次元で統合的にコントロールするなど最先端スペックが与えられています。最高出力202ps、重量200kgということで、パワーウエイトレシオは1.0を切る凄まじさです。

161007_41▲2016インターモトで発表された「GSX-R1000」

他にも2016年度スーパーバイク世界選手権王者のカワサキ「ZX-10R」や、鈴鹿8耐でも圧倒的な強さで2連覇を達成したヤマハ「YZF-R1」も含めた、国産の新世代スーパーバイクの巻き返しに期待しましょう。

【関連ニュース】
◆【新車】パッセージ、2017年モデルとなる新型「CBR1000RR / SP / SP2」の取扱を開始
◆新型「GSX-R1000」が完全新設計で登場!狙いはずばり”サーキット最強”か!?
◆最新型「CBR1000RR」が正式発表!電制フル装備で上級バージョンも設定

250ccクラスに再ブームの予感

im0000004197▲2017年4月に発売される、「GSX250R」

もうひとつ、今年の新潮流として250ccクラスの台頭にも注目したいところです。世界的にはスモールモデルに位置付けられるこのクラスが活性化しています。

今年国内デビューを控えているモデルとして、ホンダから最強クォーターの呼び声も高い「CBR250RR」やダカール・ラリーマシンを彷彿させる「CRF250 RALLY」、スズキからはストリートスポーツ「GSX250R」とアドベンチャーモデル「V-Strom250」が予定されています。

また、先のEICMAでも発表されたカワサキのマルチパーパス「Versys‐X 300」や、BMW初のスモールネイキッド「G310R」とその派生モデルであるアドベンチャーモデル「G310GS」など、魅力的なスモールモデルが続々投入されるはずです。

かつて一大ブームを巻き起こした“ニーゴー”の復活が期待されます。

20161216cbr08▲インドネシアで発売が開始された「CBR250RR」

【関連ニュース】
◆【新車】スズキ、「GSX250R」を発売 税抜き50万円を切るプライスの2気筒スポーツバイク!
◆新型「CBR250RR」が期待どおりの最新最強スペックで登場!インドネシアで発売を開始!
◆ホンダ、CRF250RALLYのティザーサイトを公開 250アドベンチャー、いよいよ発売間近!!
◆スズキ、ミラノショーで海外向け二輪車の新型モデル「V-Strom250」、「GSX‐S125」等 計4車種を発表
◆BMW初の310cc単気筒スポーツモデル「G310R」が誕生!
◆カワサキ、ミラノショーに「Versys‐X 300」など2017年ニューモデル3機種を出展

ライダーの移籍が気になるMotoGP

2016motogp_rd18_yamaha-048

注目のMotoGP 2017ですが、今年はチーム間での選手の入れ替えが激しく、マシンの完成度に加えライダーとのマッチングの良し悪しがひとつ勝負を分けるポイントになるでしょう。

ホンダは昨年度チャンピオンのマルケスと負傷から回復したペドロサの盤石の体制。ヤマハで昨年ランキング2位のロッシとコンビを組むのは、ドゥカティに電撃移籍を発表したロレンソに代わって昨年スズキでランキング4位を獲得した若手最有望株のピニャーレス。入れ替わりにドゥカティからスズキに移籍してくるイアンノーネの活躍にも期待したいところです。

160419_102▲ドゥカティに電撃移籍を発表したロレンソ選手

また、本年度からはウイングレットが全面禁止になるため、マシンのカウル形状も昨年とはだいぶ変わると予想され、代わりにどんなギミックが登場するのかも興味は尽きないですし、KTMがいよいよMotoGPクラスに本格参戦するなど楽しみが広がります。3月26日の第1戦カタールGPが待ち遠しいですね。

2017年もバイクに関する様々なニュースを幅広い視点でお届けしたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします!

【関連ニュース】
◆2015 MotoGP王者、ロレンソが2016シーズンでヤマハとの契約を終了しドゥカティへ移籍
◆ヤマハ、ロッシのチームメイトにマーベリック・ビニャーレス!スズキから移籍へ
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る