コンセプトモデル「Honda Riding Assist」がCES2017で3つの賞を受賞

170110_01

ASIMO等で培った独自のバランス制御技術を二輪車へ

Hondaのコンセプトモデル「Honda Riding Assist」が、1月5日から8日まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催された世界最大の家電見本市CES2017において、3つの賞を受賞した。

公式アワードパートナーであるEngadget※1が主催するBest of CES2017の「Best Innovation」および「Best Automotive Technology」と、米国Popular Mechanics誌※2が主催するBest of CESの「Editors’ Choice Awards」の合計3つの賞を受賞。

Honda Riding Assistは、ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を二輪車に応用し、CES2017で世界初公開した実験車。

c170106_003H▲Honda Riding Assist

ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩してもバイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減する。

一方で、通常の走行時には既存の二輪車と同等の操縦性を実現。ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにするHondaからの新たな提案だ。

※1 多言語で展開されている、電化製品やガジェットの話題を扱うテクノロジーブログ
※2 1902年に創刊された技術誌で、自動車、家屋、野外活動、科学、技術の記事を掲載

Honda Riding Assist

【関連ニュース】
Honda、バランス制御技術を応用した自立するバイクを米国開催の家電見本市「CES 2017」で初公開

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、12月11日(火)に、東京・南青山のMORIO'S…
  2. トライアンフは、12月15日(土)より2019年モデル「Street Scrambler」を…
  3. トライアンフは、12月15日より2019年モデルNEW Street Twinを発売すると発…
  4. アウトドア用品の中でも、マルチツールの王道として知られるLeatehrman(レザーマン)。…
ページ上部へ戻る