Honda、バランス制御技術を応用した自立するバイクを米国開催の家電見本市「CES 2017」で初公開

c170106_003H

Hondaは米国ネバダ州ラスベガス市で開催されている世界最大の家電見本市「CES 2017」において、ライダーが乗っていても、乗っていなくても倒れない自立するバイク「Honda Riding Assist」を公開した。

また、Honda独自のバランス制御技術と全方位駆動車輪機構を採用したパーソナルモビリティ「UNI−CUB(ユニカブ)」を出展。

「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマとして、人々の生活の質を高める新価値提供に向け、人工知能(AI)、ビッグデータ、ロボティクス技術を活用したオープンイノベーションを加速させると発表した。

Honda Riding Assist

~生活の質を高める新価値提供に向け、AI・ビッグデータ・ロボティクス技術を活用したオープンイノベーションを加速~

人とのコミュニケーションを行うAIを搭載したEVコミューターのコンセプトカー「Honda NeuV(ニューヴィー)」や、他社とのオープンイノベーションにより実現したさまざまな技術を公開しました。

株式会社本田技術研究所 代表取締役社長 社長執行役員 松本 宜之 スピーチ内容
「Hondaは創業以来、人間を研究し、『技術で人の役に立つ』、『人々に喜んでいただく』ということに注力してきました。その結果、二輪車、四輪車をはじめとしてさまざまなパーソナルモビリティを生み出し、生活の質を高めてきました。人々の生活を豊かにするという考えこそがHondaのベースであり、これからも革新的な製品をつくるため、挑戦し続けます。

Hondaはこれまで、モノづくりで社会の変革を起こしてきましたが、これからの時代は、モノづくりだけでなく、コトづくりが重要な意味を持ってくると考えています。

そのために、従来のハードウェアを中心としたメカニカルエンジニアリングに加え、AI・ビッグデータなどのソフトウェア技術、さらにはロボティクスなどの新しい技術で、人に寄り添い、つながり、ココロを動かすモノ・コトをお届けし、新しい価値を作っていきます。こうした新価値創造を行うため、これまで以上にさまざまな企業とオープンイノベーションを通じて戦略的な連携を図っていきます。

Hondaは、人々の生活の質の向上に向け、モビリティにまつわる身近なテーマを、シンプルに、美しく解決し、人々をEmpowerする(力づける)存在になることを目指して、さらなる研究開発に取り組んでいきます」

Honda独自のバランス制御技術を二輪車に応用したHonda Riding Assist

c170106_004H

c170106_005H

ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を二輪車に応用した、世界初公開の実験車です。

ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減します。

一方で、通常の走行時には、既存の二輪車と同等の操縦性を実現しています。ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案です。

UNI-CUB β

c170106_006H

「人との調和」をテーマに、人が行き交う空間でも使用できるパーソナルモビリティです。Honda独自のバランス制御技術などにより、身体を傾けて体重移動するだけで、前後左右や斜めに自由に移動することができます。

また、UNI-CUB βにROS(ロボット オペレーティング システム)対応のAPI(アプリケーション プログラミング インターフェース)を搭載し、遠隔操作を可能にした機体は、無人で荷物を運んだり、あらかじめプログラムされたルートで人を案内したりするなど、アイデア次第でさまざまな活用が可能な「乗れるIoT※」として、パーソナルモビリティの持つ、新たな可能性の拡大を目指しています。

※「IoT」について
IoTとは、Internet of Thingsの略。世の中に存在するさまざまなモノに通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信したりすることで、自動制御や遠隔操作などを行うこと。

【CES(Consumer Electronics Show)概要】
コンシューマ・エレクトロニクス分野では世界最大の見本市

主催者 Consumer Technology Association(全米民生技術協会)
開催日程 2017年1月5日(木)〜8日(日)
開催地 米国ネバダ州ラスベガス市
会場 Las Vegas Convention and World Trade Center
Hondaブース位置 North Hall – 7312
CES公式ホームページURL http://cesjapan.org/(日本語)
http://www.ces.tech/(英語)

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る