【新車】パッセージ、2017年モデルとなる新型「CBR1000RR / SP / SP2」の取扱を開始

2017_CBR1000RR_feature1

ホンダインポートモデルのディーラー「PASSAGE」は、2017年モデルとなる「CBR1000RR」、「CBR1000RR SP」、「CBR1000RR SP2」の取扱を発表した。
車両本体価格、納期は要問合わせ。

前期モデルの“基本を継承するフルモデルチェンジ”

昨年10月にドイツ・ケルン市で開催された「インターモト」において正式発表された新型CBR1000RR。

1992年発売の初代CBR900RRから続く「操る楽しみ」をコンセプトに、大幅な軽量化と出力向上を図り、軽快なハンドリングと操縦性を進化させているほか、「RC213V-S」をベースに開発した総合的な電子制御システムを新たに採用。

さまざまなライディングシーンで操る楽しみの実現をサポートするモデルとして、クイックシフターやブレンボ製ブレーキキャリパー、オーリンズ電子制御サスペンションが装着された「CBR1000RR SP」、スポーツ性能をより向上させ、マルケジーニアルミ鋳造ホイールを装着したサーキット仕様モデル「CBR1000RR SP2」のバリエーションが用意されている。

【関連ニュース】
◆ホンダ、新型「CBR1000RR Fireblade SP/SP2」、「CB1100 EX/RS」をインターモトで発表

20161004-im_cbr1000rr02
▲「インターモト2016」で発表された、新型CBR1000RR SP2

CBR1000RR

c3
Hondaスーパースポーツ軍団の頂点に君臨するCBR1000RRが待望のモデルチェンジを果たした。エンジン出力は191.76psとなり、最新の電子デバイスも満載だ。ヘッドライトをはじめとしたランプ類はLEDを採用。

各部に徹底した改良化が施されている。インターモトで発表されたSPとSP2が話題の中心ではあるが、コストパフォーマンスに優れ、新型RRの魅力をダイレクトに実感できるのがSTDの利点。スーパースポーツトップエンドモデルの実力はなんら薄れることない。

CBR1000RR SP

c4

待望のモデルチェンジを果たしたCBR1000RRのSP仕様。STD同様にエンジン出力向上、軽量化、最新エレクトロニクスを搭載。SPにはクイックシフターやブレンボ製ブレーキキャリパー、オーリンズ電子制御サスペンションが装着され、サーキットユーズにも余裕で対応が可能となる。

セッティングなどもエキスパートライダー向けとなっているため、乗り手は選ぶものの、魅力が高い。HRCレースキットやスポーツキットでさらなる戦闘力の向上も実現可能。

17YM CBR1000RR Fireblade SP and SP217YM CBR1000RR Fireblade SP and SP217YM CBR1000RR Fireblade SP and SP217YM CBR1000RR Fireblade SP and SP217YM CBR1000RR Fireblade SP

CBR1000RR SP2

cw1016-2017-honda-cbr1000rr-sp2-first-look-image-01

新生CBR1000RRのホモロゲモデルとなるのがSP2。エンジンはモード切替に対応し、クイックシフターを標準装備する。バッテリーは小型リチウムイオンとなり、ブレンボモノブロックキャリパー、オーリンズ前後サス、マルケジーニアルミ鋳造ホイールを採用する。

SPと似ているものの、カラーリングに若干の相違があり、SP2ではトリコロールの青色の色味が異なり、さらにゴールドのストライプが入るのが頂点モデルの誇りと言えよう。

cw1016-2017-honda-cbr1000rr-sp2-first-look-image-03cw1016-2017-honda-cbr1000rr-sp2-first-look-image-02cw1016-2017-honda-cbr1000rr-sp2-first-look-image-04
【関連ニュース】
◆【ケニー佐川 コラム】最新型「CBR1000RR」が正式発表!電制フル装備で上級バージョンも設定

→全文を読む

情報提供元 [ PASSAGE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る