【新車】ドゥカティ、日本導入の2017年ニューモデルと価格を発表

161227_39

ドゥカティジャパンは、2017年モデルのラインナップならびにニューモデルの日本導入時期、希望小売価格と日本仕様のエンジン諸元を決定した。

ドゥカティ「SS」の復活とモンスターシリーズのニューモデル

2017年の新型となる「SuperSport」はスタンダードモデルで1,629,000円(税込)から、エンジンは日本仕様で109馬力を発生する。
ドゥカティSSとして10年前までラインナップされていたシリーズの復活となり、注目度も高い車両だ。

01 SUPERSPORT S

161227_38

空冷エンジンながら規制をクリアし、発売となる「Monster 797」はスタンダードモデルで1,119,000円(税込)からの価格設定で、身近にドゥカティのスポーツマインドを楽しめるモデルと位置付けられている。エンジンは72馬力を8250rpmで発生する伝統のLツインを採用。

01 MONSTER 797

また、モンスターシリーズ最高峰の新型「Monster 1200」は1,730,000円(税込)からとなり、水冷エンジンから145馬力を9250rpmから発生する高回転までパワフルなエンジン特性だ。

13 MONSTER 1200

ムルティストラーダシリーズの末弟となる「Multistrada 950」は1,736,000円(税込)からとなっている。

01 MULTISTRADA 950

なお、全世界500台限定として発表された「1299 Superleggera」は9,000,000円(税込)という価格ながら、すでに完売していることが合わせて発表されている。

以下プレスリリースより


ドゥカティジャパンは、2017年モデルのラインナップならびにニューモデルの日本導入時期、希望小売価格と日本仕様のエンジン諸元を決定いたしました。

2017年のドゥカティの新しいラインナップには、10年ぶりの復活となるSuperSportをはじめ、ドゥカティのアイコンであるMonsterに空冷モデルMonster 797を追加、さらにモンスターの原点に立ち返りながらもスタイルと機能の面で刷新されたニューMonster 1200、『4 bikes in 1』のコンセプトを持つムルティストラーダのエントリーモデルとなるMultistrada 950など、幅広いニーズに対応するニューモデルを導入いたします。

スクランブラーブランドでは、従来のScrambler Urban Enduroからインスパイアされ、さらにオフロードに特化したScrambler Desert Sled、1960年代のバイク乗りのスタイルを意識し、それを、ドゥカティスクランブラー流に表現したモデル、Scrambler Cafe Racerを日本でも展開いたします。

その他にもユーロ4規制に対応したMonster 821、Diavelも順次導入いたします。
(※全世界500台限定として発表された1299 Superleggeraはすでに完売いたしております)
継続販売する車両に関しても一部の車両で価格変更がございます。

2017年モデル日本仕様

ducati_my17_01

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る