DAKAR 2017への道 – PART1 ダカールラリー2017への準備と体制、戦略を聞く

20161229_honda_roadtodakar_01

2017年1月1日(日)。世界一過酷なラリーとして知られるダカールは、スタートのときを迎える。南米パラグアイの首都、アスンシオンで行われるセレモニアルスタートに向け、すでに秒読みが始まった。パラグアイ、アルゼンチン、ボリビアと3カ国にまたがるダカールラリー2017は、全12ステージ、総走行距離は8818km。
そのうち、タイムを計測するスペシャルステージ(競技区間)の距離は4000kmを超える。

ダカールラリーが南米に舞台を移して、今回が9年目。しゃく熱の砂丘、ときに標高5000mまで上がるルート、そして予期せぬ天候が真夏のラリーの行方をさらに難しくする。しかしこれらはダカールラリーの過酷さを装飾するものでしかない。17年の特徴は、今まで以上にボリビア国内でのステージが増え、“高地決戦の年”とささやかれている。

Hondaがダカールラリーに復帰して5年目。南米の大地を走るMonster Energy Honda TeamのファクトリーマシンであるCRF450 RALLYや、サポートメンバーを乗せるアシスタンスカーなどは、11月下旬、フランスの港町であるル・アーヴルから、海路でラリーの舞台となる南米大陸へと向かった。

間近に迫ったダカールラリーに向けて、開発の仕上げを進めたエンジニアに、チーム体制、戦略、そしてワークスマシンCRF450 RALLYの進化について聞いた。


【語り手】
20161229_honda_roadtodakar_02■佐々木 崇
Monster Energy Honda Team(モンスター・エナジー・ホンダ・チーム)
ラリープロジェクトLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)代行
CRF450 RALLY 車体設計PL(プロジェクト・リーダー)

Q:ダカールラリー2017に向けたチーム体制について教えてください。
佐々木:16年のラリーを終えた段階から、17年に向けた体制作りに取り組みました。
その特徴は、これまで外部に委託していたチーム体制を、HRC直属のチームへと変更し、チーム運営、メカニックの動き、ラリーに向けたロジスティクスなど、さらにフットワークがよくなるよう熟成させました。テストも開発側とライダーが直接行うことで、今まで以上にコミュニケーションが密になっています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る