Honda鈴鹿レーシングが2017年シーズン参戦体制を発表 日浦大治朗がJSB1000でエントリー

161227_11

亀井雄大はST600フル参戦2年目

“鈴レー”ことHonda鈴鹿レーシングが2017年シーズンの体制を明らかにした。全日本JSB1000クラスには、初戦となる鈴鹿2&4レースから新型CBR1000RRを投入。日浦大治朗が前半戦にエントリーし、ニューマシンの熟成とセットアップを行う。

亀井雄大は、引き続きST600クラスにフルエントリーし、表彰台、そして優勝を狙って行く。鈴鹿8耐には、日浦、亀井、そして安田毅史という3年目を迎えるトリオで上位入賞を目指す。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る