Honda鈴鹿レーシングが2017年シーズン参戦体制を発表 日浦大治朗がJSB1000でエントリー

161227_11

亀井雄大はST600フル参戦2年目

“鈴レー”ことHonda鈴鹿レーシングが2017年シーズンの体制を明らかにした。全日本JSB1000クラスには、初戦となる鈴鹿2&4レースから新型CBR1000RRを投入。日浦大治朗が前半戦にエントリーし、ニューマシンの熟成とセットアップを行う。

亀井雄大は、引き続きST600クラスにフルエントリーし、表彰台、そして優勝を狙って行く。鈴鹿8耐には、日浦、亀井、そして安田毅史という3年目を迎えるトリオで上位入賞を目指す。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る