Honda鈴鹿レーシングが2017年シーズン参戦体制を発表 日浦大治朗がJSB1000でエントリー

161227_11

亀井雄大はST600フル参戦2年目

“鈴レー”ことHonda鈴鹿レーシングが2017年シーズンの体制を明らかにした。全日本JSB1000クラスには、初戦となる鈴鹿2&4レースから新型CBR1000RRを投入。日浦大治朗が前半戦にエントリーし、ニューマシンの熟成とセットアップを行う。

亀井雄大は、引き続きST600クラスにフルエントリーし、表彰台、そして優勝を狙って行く。鈴鹿8耐には、日浦、亀井、そして安田毅史という3年目を迎えるトリオで上位入賞を目指す。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2016年11月のミラノショーでT7コンセプトという名で発表されたMT-07の並列2気筒エン…
  2. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  3. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  4. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
ページ上部へ戻る