Z800から20kg以上軽量化!カワサキ伝統のマジックナンバー 「Z900」は新たなZ神話の始まりか!? 

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

IMG_3724
今年11月にミラノで開催された国際バイク見本市、EICMAにおいてカワサキは欧州向けニューモデル3機種を発表したが、今回はその中でも最大排気量となる「Z900」に着目してみたい。

【関連ニュース】
◆カワサキ、ミラノショーに「Versys‐X 300」など2017年ニューモデル3機種を出展

「Z900」は2017年発売のネイキッドスポーツ「Zシリーズ」の最新モデルとして登場する予定である。すでに国内外で公開されているカワサキ公式ウェブサイトにアップされている情報などを元にその実像を探ってみた。

》EU Kawasaki 2017 Z900 ABS(海外サイト)

ピークパワーはZ800とZ1000の中間レベルの125ps

hi_17ZR900B_44SGY1SRF00D_C

Z900は「凄み」をキーワードに、エキサイティングな乗り味と斬新なスタイリングを求めたZシリーズの最新版で、位置づけとしてはZ800の後継モデルとなる。

エンジンは新設計の水冷並列4気筒DOHC4バルブ948ccから125ps/9500rpmを実現。扱いやすい低中速トルクに加え、鋭いスロットルレスポンスと高回転域まで心地良く吹け上がるパワーフィーリングが特徴だ。

ちなみに最高出力でみるとZ1000は137ps、Z800は113psなので、パワー的にもちょうど両者の中間に位置するイメージだ。

hi_17ZR900B_44SGY1FOEGD00D_C

なお、6速ミッションはストリートでのエキサイティングな加速を重視したショート設定のギヤ比を採用。クラッチ機構には軽いレバー操作を実現し、過度なエンジンブレーキを抑えるアシスト&スリッパ―クラッチが標準装備されている。

サウンドにもこだわり、加速時にはエアボックスの共鳴効果により胸のすくような吸気音を奏でる設計になっている。

フレームはH2にも採用された鋼管トレリスタイプで、Z800よりも21kg軽量化

hi_17ZR900B_44SGY1FSAC00D_C

フレームは新設計の高張力鋼管トレリスタイプを採用。軽量かつ剛性バランスに優れるのが特徴で、Z1000などに採用されるアルミ製バックボーンやZ800の鋼管バックボーンとは全く異なるフレーム構成となっている。

カワサキによれば、これにより軽量・スリムな車体とダイレクトな操作フィーリング、そして意のままに操れるコントロール性を実現したとのこと。最近ではスーパーチャージャー搭載の最速マシン、H2/H2Rに鋼管トレリスフレームが採用されたことが記憶に新しい。

ちなみに車重で比べるとZ1000より11kg、Z800よりも21kgも軽量化されていることからも非常に俊敏なフットワークを持っていることが予測できる。

リアサスは独創的なマウント方法 ブレーキは対向4ポッドと制動力も十分

hi_17ZR900B_44SGY1FOEGC00D_C

足まわりはフロントにφ41㎜倒立フォーク、リアはショックユニットを水平方向に設置したホリゾンタルバックリンクサスペンションを採用。スイングアームも新設計とし、ダイレクトなトラクション感と快適な乗り心地を両立した。

また、ブレーキはニッシン製の新型でフロントがφ300㎜ダブルディスク&対向4ポッド、リアがφ250㎜ディスク&シングルピストンで、ディスク形状はZ800やZ650などと同じペータル形状を採用。ABS仕様も用意される。

hi_17ZR900B_44SGY1FSAB00D_C

そして、人間工学に基づいたライポジはフラットワイドバーハンドルと795㎜のローシートにより、視界が開けた快適な乗車環境を実現。Z1000やZ800よりもアップライトとすることで、コントロール性と快適性をバランスさせている。

筋肉質かつエレガントなZデザイン

hi_17ZR900B_44SGY1DLF00D_C

車体デザインもZシリーズに相応しい筋肉質かつエレガントなボディワークを追及。アグレッシブで美しい「Zデザイン」が随所に盛り込まれているのが特徴で、たとえば「Z」パターンで点滅するLEDテールライトの他、見る角度によって「Z」の文字が浮き上がるようなラインや面構成を取り入れるなど、こだわりが随所に見て取れる。

コックピットも斬新で、3つのディスプレイパターンを持つタコメーターを中心とした新型インストルメントパネルが採用されている。

hi_17ZR900B_44SGY1FTL00D_C

伝統のマジックナンバー「900」に期待

L_900super4_z1_1972
▲Z1(Z900)
L_455dBOWtW
▲GPZ900R

カワサキにとって「900」という数字は究極を表すマジックナンバーである。

これまでもZ1(Z900)、Ninja/GPz900Rなどの名車が歴史にその名を刻んできた。その伝統の「直列4気筒900c」を受け継ぐZ900だけに、カワサキ開発陣の思い入れもひとしおだろう。それだけにユーザーが寄せる期待も大きいはずだ。

100万円強のお値打ちプライスで登場か!?

hi_17ZR900B_44SGY1FOCW00D_C

海外サイトによれば、ABS仕様で8,799米ドルということだから、現在の為替レートでは日本円で103万円程度ということになる。正直これはかなりのお値打ち価格と言っていいだろう。

現在のところ国内発売についてのアナウンスはないが、ただ先日もZ650の国内投入が決まったこともあり期待は持てそうだ。カワサキが現在進めている販売網の再構築とも合わせて、今後の動きには注目していきたい。

【関連ニュース】
◆カワサキがZ650 ABSの国内発売を発表!並列2気筒の新型モデルの魅力とは!?

映像では強烈なストリートファイターぶりを披露

hi_17MY_Z900_Shot_Akra1

最後にZ900のプロモーションビデオがリリースされているので紹介しておこう。ぜひ映像でその世界観に触れてみてほしい。

New Kawasaki Z900 M17 イメージ動画

映像では野獣のような唸り声とともにワインディングを駆け抜けていくZ900の走りや仲間とのバトルなど、ちょっとデンジャラスな香りのするシーンが展開する。

前回ご紹介したZ650のPVが描いた和やかな日常からは一転して全編が戦闘モードである。そこからもZ900のキャラクターは察しがつくと思う。

New Kawasaki Z900 MY17 オフィシャル動画

もう一本のPVはマシン解説もので、精緻なCGで描かれたZ900の美しさに思わず息を呑む。軽量化による機能美とスポーツ性能の融合、人間工学に基づく快適なライポジ、新設計の軽量トレリスフレーム、ホリゾンタルバックリンク式のリヤサスペンションの動きもリアルに再現されているなど、必見。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る