NEXCO、圏央道の茨城県区間(境古河ICからつくば中央IC)を2/26に全線開通

20161221_nexco_e_01

NEXCOは、東日本支社が整備を進めてきた圏央道の茨城県区間、境古河ICからつくば中央ICまでの間、28.5kmを2017年2月26日(日)に全線開通することを発表した。
開通時刻及び開通式典等については後日発表となる。

今回の開通により、東名高速、中央道、関越道、東北道、常磐道、東関東道の6つの放射道路が接続する。
これにより、成田空港から関東各地の観光地へのアクセスが向上する他、空港から秩父・長瀞までの所要時間が、都心経由より最大20分の短縮ができる。

また、圏央道(東名高速~東関東道)沿線に立地する大型物流施設約 1,600件において、生産性向上の加速も期待される。
茨城県は、工場立地件数3年連続全国第1位(平成25年から平成27年)で、区画整理事業等の取組も進んでおり、更なる企業立地を予定している。

開通区間の概要

20161221_nexco_e_02

■開通区間
境古河IC(茨城県猿島郡境町)~つくば中央IC(茨城県つくば市)

■延長
28.5km

■開通IC
坂東IC、常総IC

■車線数
暫定2車線

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO東日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る