ヤマハの「XSR900」が「JIDAデザインミュージアムセレクション」に選定

161220_07

飽きのこない造形性の高さと洗練されたデザインを評価

ヤマハ発動機のモーターサイクル「XSR900」が、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会による「JIDAデザインミュージアムセレクションVol.18」に選定された。

「JIDAデザインミュージアムセレクション」は、「美しく豊かな生活を目指して」をテーマに、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を選定し表彰するとともに、その製品を収集・保管して次世代に伝え、教育・産業・生活へ文化的貢献を行うことを目的とするもの。

ヤマハ発動機としては、前回のモーターサイクル「MT-07」、前々回のLMWテクノロジー搭載スクーター「TRICITY125」と電動アシスト車いす「JWスウィング」に続く選定となった。

「XSR900」は、“The Performance Retro-ster”をコンセプトに開発、味わいのあるレトロな外観と先進技術によるパフォーマンスを併せ持つ、国内外で人気のモデル。ボディは、オーセンティックなイメージを強調するCMFGデザインを織り込み、アルミの素材感を活かしたパーツを各部に採用している。

161220_07

「XSR900」は2017年1月19日(木)から22日(日)まで、東京都港区AXISギャラリーで開催される「JIDAデザインミュージアムセレクションVol.18東京展」で展示され、20日(金)には授与式が行われる予定だ。

※ CMFG : カラー、マテリアル、フィニッシュ、グラフィックの略称。

審査員コメント

ネオ・レトロスタイルを追求したフォルムは、飽きのこない造形性の高さと、洗練されたデザインに仕上げられている点を高く評価しています。

ヤマハ発動機デザインアワードサイト

https://global.yamaha-motor.com/jp/profile/design/awards/

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る