ボッシュの二輪車向けシステムがASEAN NCAPのセーフティテクノロジーアワードを獲得

161220_04

ライダーの人命救助に貢献するシステムの導入を促進

ボッシュは、さならる走行安全性向上のための革新的な二輪車向け技術賞「セーフティテクノロジーアワード」を獲得した。

より安全な走行を実現するための、革新的な二輪車向け技術開発へのボッシュの継続的な取り組みが評価され、ASEAN NCAP(ASEAN地域の新車アセスメントプログラム)から授与された。ASEAN NCAPは、新車の安全性の評価において国際的に最も影響を持つプログラムのひとつだ。

対象となった技術は、モーターサイクル用アンチロックブレーキ システム(ABS)、モーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)、サイド ビューアシストなど。

中でも、モーターサイクル用ABSがひとつの世界的な標準になりつつあることと、マレーシアなど新興成長市場の小型二輪車向けに開発された次世代ABS 10が注目されている。

161220_05
161220_06

以下プレスリリースより


「ボッシュは、二輪車向けの安全技術に関するマーケットリーダーとして、走る喜びはそのままに、走行の安全性と快適性の向上に貢献する革新的な技術を提供してきました」とボッシュのモーターサイクル&パワースポーツ事業部門を率いるジェフ・リアッシュ(Geoff Liersch)は述べます。

ASEAN NCAPとは、Malaysian Institute of Road Safety Research(MIROS)とGlobal New Car Assessment Program(グローバルNCAP)が共同で策定した自動車の安全評価プログラムで、新車の安全性の評価において国際的に最も影響を持つプログラムのひとつです。

ボッシュがASEAN NCAPより賞を授与するのは今回が2度目です。1度目は2014年、Electronic Stability Control(ESC:横滑り防止装置)とも呼ばれるElectronic Stability Program(ESP)での受賞でした。

これは、欧州で8,500人以上の命を救い、25万件以上の交通事故を防止した実績を誇るボッシュが考案した技術です。マレーシア政府より発表があったとおり、マレーシアはASEAN諸国の中で初めて、標準安全装備として全ての乗用車へのESC装着義務化を決定しています。

東南アジア諸国は、インドや中国に続く大きな二輪車市場の規模を誇り、走行安全性の向上への需要の拡大は、特にこのような新興成長市場で顕著です。その背景には、インドネシアとタイだけで、毎年2万1,000人が二輪車事故で命を落としているという現状があります。

また、マレーシアでは2015年に1日あたりの交通死亡者数が約18人に達しました。これはASEAN加盟国中で3番目に高い数値で、さらにこの事故のうち60%以上に二輪車が関与しています。

ボッシュ・マレーシアのマネージングディレクターを務めるサイモン・ソン(Simon Song)は、「マレーシアにおける最も一般的な交通手段の一つが二輪車であることを考慮すると、モーターサイクル用ABSの標準装備が義務化されることは私たちの望みとなってきます。ABS装備の義務化は、マレーシアの高い交通事故死亡率の低減に貢献すると考えています」と述べています。

モーターサイクル用ABSがひとつの世界的な標準に

ボッシュの事故調査研究は、もしすべての二輪車にABSが標準装備されていれば、このような二輪車事故の約4分の 1は防止できたことを示しています。

ABSは、車輪がロックするのを防ぐことで車両の安定性を保ち、ブレーキング時に危機的な状況が起きた際にも、ライダーが恐れることなくより迅速に反応できるようにします。世界の多くの国々でモーターサイクル用ABSの装備の奨励が進んでいます。

欧州連合域内ではモーターサイクル用ABS装備の義務化がすでに施行されており、2016年の初めからは、エンジン排気量が125ccを超えるすべての新型車に適用されています。

同様の規制は日本では2018年から、台湾では2019年から適用される予定です。インド政府も今年、2018年4月以降、すべての新型車にモーターサイクル用ABSを標準装備として導入することを発表しました。

「今回のインドでの法制化は、二輪車の安全性におけるひとつのマイルストーンであり、二輪車が一般的な交通手段となっている東南アジアの多くの国々にも大きな影響を与える可能性があります」とサイモン・ソンは述べます。

ABSからサイドビューアシストまで

ボッシュは、1995年から200万台以上のモーターサイクル用ABSを生産してきました。最新のボッシュのABS 10は、新興成長市場向けに特化して設計されたバージョンで、小型化・軽量化が達成されたことにより、メーカーにとっても小型二輪車により搭載しやすいシステムとなっています。

同システムを搭載した初の量産モデルとして、カワサキ Versys-X 300 ABSが世界で販売される予定です。さらに、スズキGSX-S125 ABSの2018年モデルにもこのシステムが搭載される予定です。

ボッシュは2013年、世界初の二輪車向け「オールインワン」型セーフティシステムとなる、モーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)の開発を成し遂げています。

このシステムは、傾斜角など二輪車特有のパラメーターを監視することで、走行状況に合わせて即座に電子制御やアクセルの介入を調整します。これにより、コーナーにおけるブレーキング時の二輪車のローサイドや意図しない車両の立ち直りを防ぎます。

しかし、二輪車向けセーフティシステムの開発はこれに留まりません。ボッシュは、世界初のアドバンストライダーアシスタンスシステムとなるサイドビューアシストを開発しました。超音波センサーを利用するこのサイドビューアシストは、死角を検知することで、ライダーが車線変更時に衝突を回避できるように支援します。

ボッシュはグローバルNCAPが展開する「Stop the Crash」キャンペーンのパートナー

ボッシュは、3回目となる、グローバルNCAPによる「Stop the Crash(衝突防止)」キャンペーンのパートナーを務めています。このイニシアチブは、国連の「交通安全のための行動の10年」が掲げる、世界中で2020年までに交通事故を50%削減するという目標の一環として展開されています。

2013年だけでも交通事故によって約125万人が亡くなっており、毎年多くの人命が失われています。マレーシアにおける「Stop the Crash」キャンペーンは11月29日と30日の二日間にわたって開催され、ボッシュはモーターサイクル用ABSの機能や利点を紹介しました。

【関連ニュース】
ボッシュ、新世代のモーターサイクル用ABS「ABS10」を発表
ボッシュの新しいモーターサイクル用「ABS 10」が、カワサキ・スズキの二輪車向けに量産開始
ボッシュ、「サイドビューアシスト」でライダーの車線変更を支援
ボタンひとつでサスペンションを設定!ボッシュが「セミアクティブ ダンピング コントロール ユニット」を発表
ボッシュがスマートフォン統合ソリューションを発表 二輪車のネットワーク化を実現
ボッシュの二輪車事業、市場を上回る成長率を記録 さらに安全でネットワーク化が進んだ未来を提供
ボッシュの二輪車向けシステムが3つのCES 2017イノベーションアワードを受賞 二輪車のネットワーク化を推進

→全文を読む

情報提供元 [ ボッシュ・イン・ジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る