ヤマハ、「XSR900」と「Vino Deluxe」がオートカラーアウォード「特別賞」を受賞

20161214_yamahacoler_01

ヤマハ発動機のモーターサイクル「XSR900」とスクーター「Vino Deluxe」におけるCMFGデザイン戦略が、一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が主催するカラーデザインコンテスト「オートカラーアウォード2016」において、「特別賞」を受賞した。

CMFGデザイン戦略は、デザインの重要な要素であるColor(色)・Material(素材)・Finish(仕上げ)に加え、二輪車のデザインに重視されるGraphicを加えたサーフェイスデザインの取り組みのことをいう。

オートカラーアウォードは、車両のカラーデザインの企画力や形との調和を含む内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価する顕彰制度で、1998年から始まり、今年で19回目となる。一昨年から四輪以外の車両も応募可能となり、同社は昨年のMTシリーズのRB(レーシングブルー)カラー戦略に続き、2度目の受賞となった。

独自の新しい提案を

20161214_yamahacoler_02

■授賞理由
四輪とは異なるCMFが求められる二輪において、独自の新しい提案をしていることが評価される。特に「XSR900」は、ヤマハの持つ楽器の技術を用いて、クラフトのようなデザインを完成させたことが注目される。「クラフト」は今の時代のキーワードと言える。

■製品情報
「XSR900」
20161214_yamahacoler_03>>http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xsr900/

「Vino Deluxe」
20161214_yamahacoler_04>>http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vino/

■ヤマハ発動機 デザインアワードサイト
>>http://global.yamaha-motor.com/jp/profile/design/awards/

【関連ニュース】
◆車両のカラーデザインコンテスト「オートカラーアウォード2016」が12月9~10日に開催  ノミネート車を一般公開
◆ヤマハ、オートカラーアウォード「特別賞」を「MT-25/07/09/TRACER」が二輪車初の受賞

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. パルサーカバーとジェネレーターカバーの2点をラインナップ ヨシムラジャパンは、カワサキZ9…
  2. 第10回!4ミニだらけの恒例イベント 10月27日(土)に、鈴鹿ツインサーキットで「ENJ…
  3. ツーリングプランのコースを無料でナビゲーション ナビタイムジャパンは、2018年8月17日…
  4. 高品質なスプロケットやブレーキディスクでおなじみのサンスターから、Z900RS用の超お得なキ…
ページ上部へ戻る