[Kawasaki]ARRC Rd.6 Azlan、シリーズランキング3位を獲得!

161213_35

■ 2016年 アジアロードレース選手権 第6戦 タイ大会
■ スーパースポーツ 600cc / アジア・プロダクション 250
■ 開催日:2016年12月4日(日)
■ サーキット名:チャーン・インターナショナル・サーキット(4.554 km)

ほとんどの選手権がそのシーズンを終え、アジアロードレース選手権の最終戦となる第6戦は舞台をチャーン・インターナショナル・サーキット(タイ)に移して行われた。常夏のイメージがある東南アジアではあるが、さすがに12月でタイの内陸部に位置するブリラムでは、朝晩は涼しく肌寒く感じる。日中も25℃前後と第2戦の時と比べると非常に過ごしやすい。

今大会は最終戦ということもあり、今大会のワイルドカードは多彩なメンバーが参戦している。全日本からPolamai(Yamaha)、山口辰也(Honda)、世界スーパースポーツ選手権から大久保光(Honda)、そしてBike ART KawasakiからはZulfahmi Khairuddin。彼らがどのようにレギュラーメンバーに絡んでいくかも注目された。

第2戦ではレース2でアクシデントに見舞われたものの好走を見せたYudhistira、2位表彰台を獲得したAzlan Shah Kamaruzamanも前回以上の成績を残して1年を締めくくるべく、意欲的にフリー走行でセットアップを進めていった。

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki Motorcycle & Engine Company ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  2. 2018年6月6日、ボッシュ・グループ年次記者会見がボッシュ株式会社の渋谷本社で行われた。同…
  3. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXの試乗記事最終回は公道…
  4. 鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行…
ページ上部へ戻る