京セラ、HRCワークスチームに高耐久スマホ「TORQUE」を提供 ダカールラリーで2年連続タッグを組む

161213_20

昨年からさらに改良されたスペックでHRCに貢献

京セラは、ホンダのワークスラリーチームHRCに、高耐久スマートフォン「TORQUE」を提供することを発表した。

2017年1月にパラグアイ共和国、アルゼンチン共和国、ボリビア多民族国間で行われるDAKAR RALLY 2017に二輪で出場するワークスラリーチーム「Monster Energy Honda Team」。京セラはテクニカルスポンサーとして2年連続でタッグを組むことになった。

提供される「TORQUE G02」は、ボリビアのウユニ塩湖の走破など、年々過酷さが増すダカール・ラリーの環境下でも使用できる耐水・堅牢性能を持つau向け高耐久スマートフォン。

161213_21

レースマシンのログ情報、センサーを通じたエンジンの回転数や冷却温度等の情報をBluetooth経由で収集し、チーム本部と共有できる。本部では収集された各種データの分析を行い、マシンの状態管理とチームの戦略構築に活用する。

161213_22

昨年からさらに改良されたスペックで、HRCのダカールラリー優勝に向け貢献する。

以下公式サイトより


DAKAR RALLYは、砂漠、ジャングル、山岳地帯などの道路が整備されていないような環境を走破する「ラリーレイド」と言われる競技大会の1つです。

HRCダカール・ラリー2017 プロジェクトリーダーの本田氏からは、「今回ご提供頂いたTORQUE G02は、ボリビアのウユニ塩湖の走破など、年々過酷さが増すダカール・ラリーの環境下でも、全く問題なく使用できる、より堅牢なスペックへと改良されており、今や私たちのレース活動にとって、なくてはならない最強のパートナーへと進化しています。」とのコメントをいただいています。

京セラ「TORQUE G02」のレースでの役割

今回、提供する「TORQUE G02」は、世界初※1の耐海水性能※2を備え、米国国防総省の調達基準MIL-STD-810G規格19項目に準拠し、過酷な環境での利用に適した高い耐久性能が、評価されています。

レースの舞台となる南米の砂漠、ジャングルや山岳地帯の過酷な環境下でのチームのコミュニケーションツールとして活用されるほか、レースマシンのログ情報、センサーを通じたエンジンの回転数や冷却温度等の情報をBluetooth経由で収集し、チーム本部と共有。本部では収集された各種データの分析を行い、マシンの状態管理とチームの戦略構築に活用されます。

「TORQUE G02」が約2週間にわたる過酷なラリー環境下において、「Monster Energy Honda Team」のレース活動に貢献するものと期待しています。

※1 2015年3月31日現在に発売されているスマートフォンにおいて。(株)ネオ・マーケティング調べ。
※2 常温・静水状態の海水(日本沿岸部の組成を模した人工海水)の水深1.5mに約30分沈めても本製品内部に浸水せず、電話機の性能を保つこと。全ての海水耐久に対して保証するものではございません。

※「TORQUE」は京セラ株式会社の登録商標です。
※Bluetoothワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、京セラ株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。

■TORQUE(R)×HRC紹介ページ
http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/hrc/index.html

■HRC WEBサイト
http://rally.hondaracingcorporation.com/

■「TORQUE G02」の製品情報
http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/g02/

→全文を読む

情報提供元 [ 京セラ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る