元グランプリレーサー井形とも氏が「FIMガーラセレモニー」で”FIM女性レジェンドライダー”を日本人で初めて受賞

20161123_mfj_igeta_01

1990年代に女性ロードレースライダーとして、全日本選手権、地方選手権で活躍した井形とも氏が、11月27日にドイツのベルリンで開催された「FIMガーラセレモニー(年間表彰式)」において、”FIM女性レジェンドライダー”として表彰された。

20161123_mfj_igeta_02

「FIMガーラセレモニー」とは、現役GPチャンピオンたちとともに、過去にモータースポーツに貢献したライダーが表彰されるもので、井形とも氏は、女性ライダーとして、GPに2年間フル参戦し、女性最高位を達成した功績によるもので、日本人として初めての受賞となった。

井形とも プロフィール

20161123_mfj_igeta_003

現役引退後は、実姉で、女性ロードレースライダーの草分けとして活躍した井形マリ氏が設立した、女性ライダーのクラブであるチームマリを引き継ぎ、2010年にはチームマリの代表に就任し、二輪の普及活動のために活躍中。

2008年にはMFJ功労賞を受賞し、現在は、チームマリの活動を通じ、毎年500名規模の女性ライダーに対して二輪の安全運転講習活動を行い、バイクを長く、楽しむ女性ライダーを増やしていくための啓蒙活動を積極的に展開している。

MFJレディースロードレースでも、2007年のスタート時からインストラクターをつとめ、10年間に渡り、参戦女性たちへの指導に携わっている。

1985年 ロードレースデビュー
1988年 ロードレースライセンス国際A級昇格
1991年 全日本選手権125ccクラス参戦、年間ランキング6位
1992年 世界選手権鈴鹿にワイルドカード参戦
1994年 日本人女性初の世界選手権GP125にフル参戦 ランキング28位
1995年 日本人女性初の世界選手権GP125にフル参戦 ランキング21位
 シングルフィニッシュ2回(最高位のチェコGP7位は、女性ライダーとしての最高順位)
1996年 ドイツ選手権に3度スポット参戦。3位2回、6位1回の成績を残す

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る