「夢を持てる仕事に出会えた!」若者から絶賛だったバイクデザイン講座

161209_06

「バイクのことぜんぜん知らないんです」

2016年8月29日・30日の2日間、公益社団法人自動車技術会(自技会)の主催で、静岡文化芸術大学を会場に「二輪デザイン公開講座」が開かれた。

自技会と、カワサキ、スズキ、ホンダ、ヤマハのデザイン部門が協力し、クリエイターを目指す若者にバイクデザインの仕事を知ってもらおうという特別教室。芸術系大学の1、2年生約40人が参加した。

日本を代表する二輪メーカー4社のトップデザイナーが、直々に仕事の技を伝授する授業。教室内には大型バイクが何台も置かれ、中央の作業テーブルにはペンや定規などの道具や画材、製品カタログなどが用意された。

161209_03

受講生のなかには課題の難しさに頭を抱えてしまう学生もいたが、各メーカーのデザイナーがつきっきりで描き方をアドバイスし、ヒントを与え、学生は頭のなかのイメージを必死に形にしようとがんばった。

講座の終盤になると、スケッチの出来映えについて講師とあれこれ笑顔で話す余裕も生まれ、好きなことに取り組む生き生きとした若者の表情が教室にあふれていた。

以下公式サイトより


自技会の担当者は、「日本の若いクリエーターの志向性は、ゲームやWebデザインへの人気が高く、クルマやバイクのデザイナーを目指す人が減っています。まずはバイクデザインという仕事があることに、若い世代の目を向けさせたい」と、講座の目的を話す。

授業が始まる前、教室のバイクにまたがっていた女子学生に話を聞くと、「私、バイクのことはぜんぜん知らないんです。こんなに近づいてみたのは初めて」と、素直に告白。こうした受講生をいかにバイクに振り向かせるかが、講座のネライどころといえそうだ。

仕事の難しさと楽しさを伝えたい

161209_02

講座は2日間にわたって行われた。初日の午前中はバイクの歴史やデザインの基礎についての講演。午後からは本格的なワークショップに移行し、受講生全員が「アイデアスケッチ」を描く。

講師は、「バイクデザインの仕事は、1個1個のバイクの部品やその機能について理解していないとできません。難しい仕事だけれど、自分のアイデアが形になったときの達成感は大きい。みなさんぜひ、バイクデザイナーを目指してください」とエールを送った。

続く2日目は「レンダリングスケッチ」の完成に3時間、「クレイモデル」の製作に3時間をかけ、受講生たちは真剣に取り組んでいた。

161209_04

→全文を読む

情報提供元 [ BIKE LOVE FORUM ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット ■開催日:2017…
  2. ホンダは、2017年12月3日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、モータースポーツファンの…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 BMWからニューモデル「G 310 GS」…
  4. 全日本ロードレース選手権最終戦第49回MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿が、鈴鹿…
ページ上部へ戻る