カーナビアプリにおける逆走注意案内の実証実験を阪神高速道路とナビタイムジャパンが共同で実施

161206_03

高速入口に近づくと音声で注意喚起し逆走を予防!

ナビタイムジャパンと阪神高速道路は、2016年12月1日(木)より、カーナビゲーションアプリにおける逆走注意案内の実証実験を行う。

この実験は、ナビタイムジャパンが運営するカーナビゲーションアプリ『NAVITIME ドライブサポーター』に、高速入口に近づくと音声で注意喚起をする機能「逆走注意案内」を追加することで、カーナビゲーションアプリによる逆走予防策の有効性を検証するものだ。

以下プレスリリースより


実証実験の概要は下記の通りです。

対象サービス

『NAVITIME ドライブサポーター』(iOS版及びAndroid OS版)

対象箇所

阪神高速道路において逆走注意案内を試行的に実施する高速入口10箇所
(天保山、駒川、阿倍野、湊町、大開、高麗橋、六甲アイランド北、深江浜、三宝、三宅西)

実験期間

2016年12月1日(木)~2017年1月31日(火)

「逆走注意案内」機能概要

逆走対策実施対象の高速入口に近づくと、音声で注意喚起をします。
高速入口の手前から注意喚起をすることで、誤進入(意図せず入口に進入してしまうこと)に伴う高速入口におけるバック走行やUターンによる逆走を未然に防ぐことを目的としています。

イメージ図

161206_03

161206_04

効果検証方法

対象箇所を通過したドライバーに対し、PUSH通知によりアンケートを配信し、過去の走行経験や案内方法に関する感想等をお伺いします。その結果は今後の安全対策の参考とさせていただきます。

ご回答いただいた方には、Amazonギフト券100円分を先着1,000名様に進呈します。

利用方法

「App Store」および「Google Play」より『NAVITIMEドライブサポーター』をダウンロードしてください。

本機能のご利用にあたっては、有料会員登録が必要です。初回のみ1ヶ月間無料でお試しいただけます。
※ダウンロード方法、決済方法により無料期間は異なります

■iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id413487517?mt=8
■Android OS :https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitimedrive

→全文を読む

情報提供元 [ ナビタイムジャパン ]

関連記事

ページ上部へ戻る