[Team KAGAYAMA]SUZUKI Asia ARRC 最終戦 芳賀が13位、パティスが14位で最終戦レース1を終える

20161205_srrc_rd6_race1_01

■大会名
FIMアジアロードレース選手権 第6戦

■開催日
12月3日(土):レース1
12月4日(日):レース2

■開催場所
タイ/チャン・インターナショナル・サーキット

■参戦チーム
Team KAGAYAMA SUZUKI Asia

■ライダー
芳賀紀行:41号車
パティス・チョープラテット:98号車

■マシン
SUZUKI GSX-R600

■結果
芳賀紀行
レース1/13位

パティス・チョープラテット
レース1/14位

 

FIMアジアロードレース選手権 第6戦 レポート

 
シリーズ全6戦をアジア各国で開催するFIMアジアロードレース選手権 (ARRC)は、タイのチャン・インターナショナル・サーキットで第6戦を迎えた。その走行スケジュールは12月1日(木)から練習走行がスタート、12月3日(土)はレース1、そして4日(日)にレース2を行なうこととなっている。

 
加賀山就臣がゼネラルマネージャー兼チーム監督を務めるTeam KAGAYAMA SUZUKI Asiaは、昨年に引き続き、今年も2台のSUZUKI GSX-R600を走らせる。
ライダーには、昨シーズン「スズキ・アジアン・チャレンジ」に参戦し、今年ステップアップしたパティス・チョープラテット(98号車)と、昨シーズンから引き続きチームに合流している芳賀紀行(41号車)の2名を起用している。

 
前々日からスタートした練習走行から両者とも、マシンのセットアップを探ってきたが、昨日の予選セッションでは、パティスは1分41秒466、芳賀は1分40秒556と、パティス、芳賀ともに2日間のベストタイムを更新したものの、グリッドとしては、22番手、19番手からのスタートとなってしまった。
レースは全長4554m、3本のストレート、12個のコーナーを持つチャン・インターナショナル・サーキットを18周ずつ2度のレースで争うこととなる。2レースともに、この予選グリッドが採用される。

 
レース1は、まずまずのスタートで、ポジションをアップ。さらに他車の転倒もあり、順位を上げ、さらに粘り強く前を狙い順位を上げ、2台ともに12番手争いを展開。
しかし最終ラップで同じ12番手争いをしていた一台とあわやの接触という場面もあり、最終的には芳賀が13位、パティスが14位でフィニッシュした。

 

 

芳賀紀行 | #41

160628_38
マシンのバランスは悪くはないのですが、機械的な部分でクリアになっていないところがあって、レースの後半ペースを上げきることができず、ポジションもキープするのが精一杯でした。明日は違う方向に振ってトライしてみようと思います。

 

パティス・チョープラテット | #98

160628_38
加賀山さんにアドバイスをもらって、フロントサスペンションのセッティングを変更しました。それですごく走りやすくなって、レース中もいつも以上に粘って走ることができました。タイヤも加賀山さんのアドバイスでチョイスしたタイヤで決勝レースに臨み、最終的には14位まで順位をあげることができました。
明日は自分にとっての600シリーズ初シーズン最終レースですので、ベストレースをしたいと思います。

 

加賀山就臣 | ゼネラルマネージャー兼チーム監督

160628_38
今日のレース1、芳賀選手については、レース前半は良いリズムで走れていて追い上げレースをしていましたがレース後半にペース上げられず13位にとどまりました。
明日の最終レースにはチームとして、レース後半に強いマシンを作り芳賀選手に渡したいと思います。
 
パティスについては、予選22位から良く追い上げてくれました、レース中のペースもよく内容的にはベストレースでした。
明日の最終レースでもベストリザルトを目指せるようにバックアップして行きます。応援よろしくお願いします。

 

【Webikeショッピング】
Team KAGAYAMA OFFICIAL GOODS

情報提供元 [ Team KAGAYAMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る