車両のカラーデザインコンテスト「オートカラーアウォード2016」が12月9~10日に開催  ノミネート車を一般公開

161205_38

選りすぐられたカラーデザインの車両が勢揃い!

一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)は、優れた車両のカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード2016」を2016年12月9日(金)、10日(土)に横浜美術館と共同で開催する。

今回で19回目の開催となる「オートカラーアウォード2016」では、横浜美術館前に実車が勢揃いして審査・発表会が行われる。

今回は14のノミネートで、27台の車両が展示。自動車だけでなく複数の二輪車がノミネートされており、ホンダの「Africa Twin」、ヤマハの「XSR900」「Vino Deluxe」が選出されている。

【Africa Twin】

161205_44

161205_42
161205_43

【XSR900】

161205_39
161205_40

【Vino Deluxe】

161205_41

一般の来場者でもカラーデザイナーに直接話を聞くことができ、予約なども不要。選りすぐられたカラーデザインの車両が勢揃いする、貴重な機会だ。

以下プレスリリースより


車両に対して機能やカタチへの関心は高いと思われますが、同時に人の心に訴えかけるカラーの役割はさらに大きいものとなっています。

車両に採用されるカラーは、その時代の人々の気持ちを反映したものといえるでしょう。安心するカラー、未来を感じるカラーなど、カラーデザイナーがこだわり抜いた選りすぐりのカラーデザインが勢揃いします。

審査はあらかじめ決められた審査委員によって行われますが、会場の横浜美術館において、一般の方も展示されたノミネート車両を見ることができます。選りすぐられたカラーデザインの車両が勢揃いする貴重な機会です。

▼2015年の会場風景
161205_45

161205_46
161205_47

「オートカラーアウォード」について

一般社団法人 日本流行色協会では、年に1回、優れた車両のカラーデザインを顕彰する制度「オートカラーアウォード」を実施しております。19回目の開催となる「オートカラーアウォード2016」では、横浜美術館前に実車が勢揃いして審査・発表会が行われます。

今年の見所

・今回は14のノミネートで、27台の車両が展示されます。発表したばかりの車もエントリーされています。
・自動車だけでなく、複数の二輪車がノミネートされています。
・展示会場は横浜美術館前のファサードになっています。一般の方でもカラーデザイナーに直接話を聞くことができます。予約などは不要です。
(公開時間 12月9日(金)=10:00~17:30、12月10日(土)=10:00~16:00)

開催概要

161205_49

●2016年12月9日(金)
13:00~17:30 デザイナーによるプレゼンテーション

●2016年12月10日(土)
13:30~14:30 カラーデザイナーによるトークセッション
15:00~16:00 グランプリ発表・表彰式
(上記の内容は予め決められた方のみの公開)

【会場】
横浜美術館
横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
(みなとみらい線「みなとみらい」駅3番出口から徒歩3分)
http://yokohama.art.museum/

【ノミネート】
14カラーデザイン(サイトにて詳細を公開中)
http://www.jafca.org/seminarandevent/20161110.html

【当日決定する賞】
グランプリ

【参加メーカー】
スズキ株式会社、ダイハツ工業株式会社、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、株式会社本田技術研究所、富士重工業株式会社、マツダ株式会社、三菱自動車工業株式会社、ヤマハ発動機株式会社

【主催】
一般社団法人 日本流行色協会/公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

【協賛】
旭化成株式会社/長瀬産業株式会社/大日精化工業株式会社/DIC株式会社/トーヨーカラー株式会社/セージ・オートモーティブ・インテリア株式会社/TBカワシマ株式会社/AUNDE ISRI JAPAN K.K./VOLTA MARKS合同会社

【後援】
経済産業省/国土交通省/横浜市/日本商工会議所/東京商工会議所/公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会/一般社団法人日本インテリアファブリックス協会/公益財団法人日本デザイン振興会/一般社団法人日本自動車工業会/日本自動車輸入組合/一般社団法人日本テキスタイルデザイン協会/一般社団法人日本塗料工業会/一般社団法人日本自動車販売協会連合会

情報提供元 [ JAFCA | 日本流行色協会 ]

関連記事

ページ上部へ戻る