ヤマハ、フィリピンでの二輪車生産台数が累計100万台を達成 – 本格生産開始から9年目

161202_20

ヤマハ発動機は、フィリピンにおける現地法人Yamaha Motor Philippines, Inc.(以下:YMPH)における、設立からの二輪車生産台数が累計100万台に到達したことを発表した。

この節目を記念し、バタンガス州のYMPHで上席執行役員生産本部長の山地勝仁、執行役員MC事業本部第1事業部長の日高祥博ほか、YMPH従業員ら約800名が出席し、記念式典を行った。

※MC:モーターサイクルの略

以下プレスリリースより


当社は、2007年5月に二輪車製造・販売の現地法人としてYMPHを設立しました。同年9月にはラグーナ州に二輪車製造の暫定工場を設置し、排気量105cc~125ccの二輪車の生産を開始しました。

また、2008年9月にはバタンガス州のリマ工業団地に新しい二輪車製造工場を設置し、ラグーナ州の工場に代わり、本格的に生産を開始しました。

161202_21▲フィリピンにおける主力モデル「Mio i 125」

フィリピンでは、堅調な経済成長を背景に、二輪車市場が近年拡大傾向にあり、2016年の総需要は前年比21%増の約103万台、当社の販売は総需要を上回る前年比37%増の26万台の見込みです。

当社は、同市場の拡大に伴い、今中期経営計画で掲げたプラットフォーム戦略に則った新モデルの投入を進め、さらなるシェア・高収益の獲得を目指します。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る