THE BEAST!パワーアップして帰ってきた、新型「1290 SUPER DUKE R」

156658_KTM 1290 SUPER DUKE R MY 2017

11月10日~11月13日に世界最大の国際オートバイ・スクーター専門見本市であるモーターサイクルショー『EICMA』、通称ミラノショーがイタリア・ミラノ市で開催された。

このショーでKTMは、大幅なモデルチェンジを果たしたミドルレンジの「390 DUKE」をはじめとした新型DUKEシリーズを発表。注目すべきトピックスとしては、約3年ぶりのモデルチェンジとなる、新型「1290 SUPER DUKE R」を公開したことだ。

IMG_3886

KTMが誇るリッタークラスのストリートファイターとしては、その走行性能も非常に高い物になっており、外観のデザインも一新。「BEAST」の呼び名の通り、より獰猛になっている。

キーレスシステムの追加や、オプションの“トラックパック”(書き換え用ソフトウェア) では、スリップセンサーによる最適なスタートコントロールとサーキットライド専用のマッピング調整が可能となり、機能も大幅にバージョンアップしているといえる。

2017年ストリートモデルの日本国内への入荷時期、仕様、車両価格は現時点で未定とのことが、発売されることを心待ちにしたい。

KTM 1290 SUPER DUKE R – push the limit

KTM 1290 SUPER DUKE R: BEAST INCREASED

156660_KTM 1290 SUPER DUKE R MY 2017

これは最もパワフルなハイライトと言えるでしょう。モーターサイクルに求められる、ピュアでありのままのストレートな魅力、それは「スピード」です。新しい1290 SUPERDUKE RはTHE BEASTの第2世代に進化を遂げています。その顔つきはいっそう獰猛になり、スタイルはまさに捕食動物を彷彿とさせます。

ライダーはポケットに入れたキートランスポンダを使い、「KTM RACE ON」システムのスイッチを操作することが可能です。野獣の心臓ともいえるVツインエンジンは177hpを絞り出し、強靭な骨格のシャシーとあいまって直線を食い尽くすように突き進みます。

157391_KTM-RACE-ON-Key-MY-2017-800x498

まるで野獣が牙をむくように、すべてのパーツは研ぎ澄まされ、速さとコントロール性に寄与しています。幅広で低くマウントされたハンドルバー、Brembo製モノブロックブレーキキャリパー、Bosch製ABS付「MSC(Motorcycle Stability Control)」、WP製サスペンション、オプションの2ウェイ「クイックシフター+」、多機能TFTディスプレイ、フルLEDヘッドライト。

さらに、オプションの“トラックパック”(書き換え用ソフトウェア) では、スリップセンサーによる最適なスタートコントロールとサーキットライド専用のマッピング調整が可能です。また、オプションとなる「KTM MY RIDE」で最高のパフォーマンスを楽しめます。これらの先進技術は、各パーツ、セクションのワイヤレス統合システムによって実現されています。

KTM 1290 SUPER DUKE R

>>KTM 1290 SUPER DUKE R: BEAST INCREASED(海外サイト)

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る