ボッシュの二輪車事業、市場を上回る成長率を記録 さらに安全でネットワーク化が進んだ未来を提供

161129_03

二輪車の未来は、より安全に、よりネットワーク化が進む

ボッシュの二輪車事業が、市場を上回る成長率を記録している。

日本の横浜に拠点を置くボッシュの事業部門「モーターサイクル&パワースポーツ」は、世界の二輪車市場で力強い成長を継続。2015年4月に同事業部門が新設されて以来、ボッシュの二輪車向けテクノロジー製品の売上高は20%以上増加した。

一方、二輪車の生産台数の成長率は、同時期で5%以下。この事業を牽引しているのは、ボッシュが積極的に取り組んでいる二輪車のさらなる安全性と、スマートなネットワーク化ソリューションへの需要の結果と言えそうだ。

ボッシュは、2020年までに二輪車向けテクノロジーで10億ユーロの売上高達成を目指し、二輪車にさらに安全でネットワーク化が進んだ未来の提供を目指す。

以下プレスリリースより


「二輪車の未来は、より安全になるだけでなく、よりネットワーク化が進んだものになります」と、ボッシュ取締役会メンバーのディルク・ホーアイゼル(Dirk Hoheisel)は言います。

現在、同事業部門の世界の従業員数は前年比の約3倍以上となる約160人に達し、ボッシュのモビリティ ソリューションズ セクターの生産能力と世界中の数千人のエンジニアのネットワークを駆使しています。これは、今後の課題を乗り切るために、非常に有利な点となります。

大部分の成長はアジアで達成される見込み

「2020年には、二輪車向けテクノロジー製品で10億ユーロの売上高を達成したいと思っています」とホーアイゼルは言います。今後は特にアジア圏で、この分野の売上高の半分以上を引き出したいと考えています。

調査報告によると、二輪車の世界の年間生産台数は2021年までに約1億6,000万台に達するとされ、これは現在の生産台数の約1.3倍にあたります。そのほぼ90%を中国、インドと東南アジア諸国が占めると予想されており、生産の主力となるのは、アジアの多くの地域で手軽な乗り物として広く愛用されている排気量250cc以下の小型二輪車とスクーターです。

161129_03

ボッシュの部品は、アジアで人気のローエンドモデルから、欧米と日本そして北米で底堅い需要のある排気量1,000cc超のパワフルなマシンまで、二輪車市場全体を広くカバーしています。

製品群には、安全システム、内燃機関および軽量電動車両向けのパワートレインコンポーネント、二輪車とスマートフォンやタブレット、ネットワーク化サービスを接続するためのインターフェースが含まれます。

安全性の向上を求める声がボッシュの二輪事業を後押し

二輪車向け安全システムのマーケットリーダーであるボッシュは、世界の二輪車市場の差し迫った課題に対し、多様なソリューションを提供しています。

たとえばタイとインドネシアでは、年間約2万1,000人が二輪車の事故で命を落としていますが、 ボッシュの事故調査研究によると、もしすべての二輪車にABSが標準装備されていたとしたら、こうした事故の約4分の1を防止することができたと考えられています。

車輪のロックを防止するアンチロック ブレーキ システムにより、ライダーはブレーキ中でも二輪車をコントロールし続けることができます。そのため、危険な状況でも、ためらうことなく、より迅速に反応することができます。

161129_06

世界の多くの国々でモーターサイクル用ABS装備の義務化が進んでおり、例えば2017年から、欧州全域で排気量125cc以上のすべての継続生産車にABS装備の義務化の適用が決定しています。

ボッシュは、1995年から200万台以上のモーターサイクル用ABSを製造しており、2013年には、世界初の二輪車向け「オールインワン」セーフティシステムとなるモーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)を開発しました。

しかし、ボッシュはさらなる開発の余地を見つけ、世界初となる二輪車用ライダー アシスタンス システム「サイドビューアシスト」を開発しました。このシステムは車線変更時に、超音波センサーを使用して、視認するのが難しい二輪車両側の範囲に危険がないか検知します。

161129_05

燃費とライディングの楽しさを向上

都市交通向けの省資源ソリューションとして、ボッシュは軽量電動車両向けに統合されたパワートレインシステムを提供しています。

ボッシュの20kW以下の電動モーターの製品群を完全なものにするのは、2種類の駆動システムです。一つは出力範囲3kW以下のインハブモーターを備えたシステム、もう一つは出力範囲4kW以上のためのミッドドライブモーターを備えたシステムです。

モーター、コントロールユニット、バッテリー、充電器、ディスプレイ、アプリが互いに同期し、軽量電動車両向けの柔軟性が高く、多様性に富んだシステムを形成します。迅速な加速、長い航続距離、抜群の安全性を備えた、このスケーラブルな軽量電動車両向けパワートレイン システムにより、ボッシュは長期的かつ楽しい走りのための技術の礎を作り出しています。

161129_07

二輪車のネットワーク化が安全性の向上に寄与

ボッシュの二輪車事業の主な原動力となっているのは、安全性と効率性に加え、ネットワーク化への意欲です。ボッシュの製品群には、複数の二輪車向けネットワーク化ソリューションが含まれています。

インテグレーテッド コネクティビティ クラスター(ICC)は、二輪車向けに特別に開発されたライダー インフォメーション システムです。さまざまなサイズと解像度のディスプレイに対応しており、最新の技術によってあらゆる状況下における画面の見やすさが向上しています。

161129_01

ICCはBluetoothインターフェースのほか、スマートフォンと車両をつなぐスマートフォン統合ソリューション「mySPIN」も備えています。乗用車ではすでに利用可能となっているこの技術が、二輪車向けに適応され、交通状況やルートの好みなどの情報を他のライダーと共有できる便利なソリューションです。

161129_04

ボッシュのコネクティビティ コントロール ユニット(CCU)は、二輪車をクラウドや他の車両にネットワーク接続させます。これにより、自動緊急通報サービス「eCall」などの機能を提供することが可能になります。

このeCallは、二輪車が事故に巻き込まれた際、自動的に緊急通報を行い、より迅速に救援が到着できるようにする機能です。またCCUは、盗難に遭った二輪車の追跡をサポートしたり、道路の潜在的な危険などライダーに有益な情報を提供したり、他の道路利用者に警告することができます。

【関連ニュース】
ボッシュの二輪車向けシステムが3つのCES 2017イノベーションアワードを受賞 二輪車のネットワーク化を推進
ボッシュの新しいモーターサイクル用「ABS 10」が、カワサキ・スズキの二輪車向けに量産開始

→全文を読む

情報提供元 [ ボッシュ・イン・ジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る