[HONDA]CEV Rd.8 長島が最終戦を勝利で飾り、ランキング2位でシーズンを終える

161125_01

■2016年11月20日(日)・決勝
■会場:バレンシア・サーキット
■全長:4.005km

Moto2 レポート

2016年FIM CEVレプソルインターナショナル選手権の最終戦が、スペイン・バレンシアのリカルド・トルモ・サーキット(バレンシア・サーキット)で開催されました。このサーキットは、全長は4.005km、左コーナー9、右コーナー5の中速コーナーがレイアウトされ、パッシングシーンのほとんどを観客席から見ることができる人気の高いコースです。

Moto2クラスにはアジアロードレース選手権に参戦している羽田太河(M.García)がスポット参戦。山田誓己(H43 Team Nobby Talasur)はトレーニング中に左鎖骨を骨折し欠場となりました。このクラスはすでにタイトルが決定しているため、アラン・ティーチャー(NTS T Pro project)と長島哲太(Ajo Motorsport A.)のランキング2位争いに注目が集まりました。今大会のMoto2クラスは1レース開催で行われました。

予戦、ポールポジション(PP)はタイトルを決めているスティーブン・オデンダル(AGR TEAM)、2番手に長島、3番手にティーチャー、羽田は16番手となりました。決勝で飛び出したのはPPのオデンダル、長島は3番手で1コーナーをクリアし、激しいトップ争いに加わります。

5ラップ目、2番手を走行していたディマス・プラタマ(ASTRA Honda Racing Team)はトップに躍り出ますが、6ラップ目には、ここまでのファステストラップを叩き出しながら追い上げた長島がディマスを抜き去りトップに立ちます。それをこの周で2番手までポジションを上げていたリカルド・カルダス(Promoto Sport)が執ように追いかけますが、長島はポジションを守り続けます。カルダス、オデンダル、エリック・グラナド(Promoracing)、プラタマらが追いかけ、トップ争いは5台へと絞られました。

161125_02

9ラップ目、トップ争いをしていたプラタマが転倒でリタイア。また2番手を走行していたオデンダルがコースアウトし、トップを走る長島はさらにリードを広げます。2番手争いはグラナド、カルダス、そして、ファステストラップを記録しながら追い上げたティーチャーが加わり3台でバトルを展開します。

そこからグラナドが抜け出て単独で2番手を走行、3番手争いはカルダスとティーチャーが最終ラップまで激しく争いました。長島はトップに立ってからは一度もポジションを明け渡すことなく堂々と初優勝のチェッカーを受けました。2位にはグラナド、3位にはカルダス。スポット参戦の羽田は12位でレースを終えました。

長島はこの優勝によって逆転でランキング2位となりました。3位にアランが入り、ディマスは7位、山田は18位でシーズンを終えました。

161125_03

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る