ヤマハから新型3輪スクーター「TRICITY 155 ABS」が発売 高速道路も走行可能に!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

20161125_sagawa_topix_01

ヤマハから「TRICITY(トリシティ) 155 ABS」が2017年1月20日より新発売される。

トリシティシリーズはフロント二輪のLMWモデルと呼ばれる乗り物である。LMW(Leaning Multi Wheel/リーニング・マルチ・ホイール)とは、ヤマハが名付けたリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称で、ヤマハが成長戦略のひとつとして掲げているものだ。2014年に発売されたヤマハ初の市販LMW、「TRICITY 125」に続く第二弾となる。

20161125_sagawa_topix_05

【関連ニュース】
◆【新車】YAMAHA、LMW(リーニング・マルチ・ホイール)第1弾 「TRICITY」タイ市場で新発売

走りの余裕と所有感をアップ

「TRICITY 125」はスポーティな走りと安定感を両立した新しい楽しさや、斬新なスタイルで人気を集めているが、「TRICITY 155 ABS」はそのメリットを引き継ぎつつ、より余裕のある走りや所有感の向上を目指すことで、LMWの魅力を広げるモデルとして開発されたものだ。なお、生産はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で行う。

20161125_sagawa_topix_17

「TRICITY 155 ABS」の開発コンセプトは、“もっと行動範囲を広げ、さらに所有感を満たすNew Standard City Commuter”。

主な特徴は、「1) 高効率燃焼に貢献する可変バルブシステム(VVA)搭載“BLUE CORE”エンジン、2) ヤマハ独自のLMW機構と新設計フレームや足元スペース面積拡大によるゆったりとした乗車ポジション、3) 高級感のあるLEDヘッドランプや余裕の収納スペース、4) ワンタッチ操作のパーキングブレーキ」などとなっている。

20161125_sagawa_topix_1820161125_sagawa_topix_01120161125_sagawa_topix_19

新設計の環境型エンジン“BLUE CORE”を搭載

特徴をもう少し詳しく見ていくとしよう。

“BLUE CORE”とは燃焼効率に優れるヤマハの新世代エンジンのことで、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして開発されたもの。低中速側と高速側で吸気バルブの作動を切り変えるVVA(可変バルブシステム)搭載し、ポートや燃焼室、最適FIセッティングとの相乗効果で優れたトルク特性と燃費に貢献しているのが特徴だ。

20161125_sagawa_topix_12

また、ラジエターも“バイパス式サーモスタット”方式とすることで暖機時間も短く燃費向上を実現している。“BLUE CORE”は新型125ccスクーターとして今春投入されたNMAXに国内モデル初として搭載されている。

安定性と走破性に優れるLMWのメリット

LMWは旋回時にフロント二輪が車体と同調してリーン(傾斜)する機構で、その要となるのが「パラレログラムリンク」と「片持ちテレスコピックサスペンション」。リーン機能と左右サスペンション機能を独立させることで、深いバンク角と大きなハンドル切れ角を確保している。

20161125_sagawa_topix_13

左右独立したサスペンションは、荒れた路面などでの高いギャップ吸収性とともに優れた乗り心地に貢献。車体の前後重量配分を理想的な50:50としたほか、燃料タンクは車両重心近くに配して自然なハンドリングを目指している。

LMWの仕組みやメリットについては下記に動画入りで詳しく解説しているのでチェックしてみてほしい。

TRICITY技術解説動画

【関連ニュース】
◆【ケニー佐川 コラム】3輪のメリットとは・・・ヤマハがLMWの最新映像を公開!

車体やユーティリティを含む各部がグレードアップ

2016-Yamaha-Tricity-155-EU-Milky-White-Studio-005

フレームも新開発とし、155cc“BLUE CORE”エンジンとの最適なマッチングが図られた結果、高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保。足元スペースも広くなっている。

加えて前後タイヤは構造とパターンを新開発したIRC製で、リヤ側にワンサイズ太めの130mmのワイドタイヤを採用、ツインチューブ式のリヤショックと相まって良好な乗り心地も実現した。ブレーキに関しては125ccと同じで、前後トリプルディスクの前後連動ユニファイドブレーキを採用している。

これ以外にもLEDヘッドランプを採用し、高級感のあるフロントマスクデザインを演出。フロントには12V・DC電源付き小物入れを設置、LED照明を装備したシート下トランクは余裕の23.5Lを確保するなどユーティリティも高められている。

また、オン・オフの状態が分り易いトグルレバー式のパーキングブレーキを左グリップ部に採用するなど、停止時の利便性も高められた。

ちなみに「トリシティ125」はポジションランプとテールランプのみがLEDタイプで、フロントに小物入れはなく、シート下スペースも20Lとやや小さめ。パーキングブレーキも装備されていない。

20161125_sagawa_topix_014

よりパワフルになり高速道路で一気に距離を稼げる

さて、155ccとなったトリシティだが、125cc版と比較した実際的なメリットはどうなるだろう。

まず交通法規上の区分が違ってくる。125ccは道路交通法では「小型自動二輪」であり道路運送車両法では「原付2種」に分類されるが、155ccだとそれぞれ「普通自動二輪」、「軽二輪」として扱われるようになる。これにより、125ccでは乗れなかった高速道路や自動車専用道路を利用できるようになり、行動範囲が一気に広がるのが最大のメリットだろう。

これに伴い、最高出力も125ccの11psに対して155ccでは15psに向上し、動力性能も大きく向上。車重は165kgと9kg増しになりホイールベースも40㎜伸びていることから、より安定性も高められていることだろう。燃費の良い“BLUE CORE”エンジンに加え、燃料タンク容量も6.6Lから7.2Lに拡大されたことで航続距離も伸びているはずだ。

20161125_sagawa_topix_15

一方、デメリットとしては税金や保険が250ccクラスと同等となり、ファミリーバイク特約が使えないなど、多少なりとも維持費などのコストが高くなることは考えられる。もちろん車両価格も453,600円と125ccの356,400円とけっこう差がある。

手軽に乗り回せる125ccか、本格的なツーリングも視野に入れて155ccを選ぶか、いずれにしても目的や用途によって選択肢が増えたことはユーザーにとっては嬉しいことだ。

【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、「TRICITY 155 ABS」を発売 高速道路も走行可能な“BLUE CORE”水冷エンジンを搭載
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る