[DUCATI]バレンシアで行なわれたIRTAテストでロレンソがドゥカティ・デビュー、3番手タイムを記録。ドヴィツィオーゾは5番手でテスト初日を終了

161118_40

2017 MotoGPシーズン最初の公式IRTAテストがバレンシアのリカルド・トリモ・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソが、ドゥカティ・デスモセディチGPでデビューを飾った。

MotoGPワールドチャンピオンに3度輝いているスペイン、マヨルカ島出身のホルヘ・ロレンソは、2016バージョンのデスモセディチGPで、リカルド・トリモ・サーキットを60周し、全体の3番手となる1分31秒052のタイムを記録した。

チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾも好調な走りを見せ、2016および2017バージョンのデスモセディチGPを交互に乗り換えながら、テストを実施した。

161118_39

一部の周回では、来シーズンから禁止されているフロント・ウイングを外した状態でテストを行った。ドヴィツィオーゾは合計で54ラップを周回し、全体の5番手となる1分31秒131のタイムで初日を終了した。

■アンドレア・ドヴィツィオーゾ
(Ducati MotoGPチーム #04)- 1分31秒131(5番手)、54ラップ

このテストが終わると、来年1月末のセパンまでIRTAテストがないので、この2日間は非常に重要だ。来シーズン用のマシンの詳細なセットアップを決定できるように、できることは全てやるつもりだ。

今日のテストはうまくいった。新しいマシンに乗り換える前に、2016年のマシンで、ウイングを付けた状態と外した状態で周回した。新旧のマシンを同時に乗り比べることができたので、ニューマシンが非常に高い戦闘力を備えていることがすぐに分かった。

明日は丸一日作業スケジュールが詰まっているので、良い天気が続くことを願っている。

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  2. 【PR】 スポーツもツーリングも一足でこなす万能タイプ 【ビッグマシン・ゼロ…
  3. 【PR】 上位機種は通話に乗せて音楽やナビ音声まで共有 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  4. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
ページ上部へ戻る