【新車】KYMCO、スーパーツーリングスクーター「AK 550」を正式発表 2017年上旬にヨーロッパで発売

161118_05

高い運動性能と足つき性。新フラッグシップモデル登場!

キムコは、550ccのスーパーツーリングスクーター「AK 550」をドイツで開催されたケルンショーと、イタリアで開催されたEICMAで発表。2017年上旬にヨーロッパで発売開始する。

AK 550は、”スリルオブツーリング”をキーワードに高い運動性能とツーリングでの快適性を追求したモデル。KYMCO誕生50周年を記念して開発された。

161118_06

軽量なアルミニウム製メインフレームに2つのドライブモードを備えた新開発の550cc水冷並列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載している。

161118_11

ラジアルマウントのブレンボ製キャリパーをダブル装備したフロントの倒立式サスペンションと、エンジンとスイングアームを別体式とすることで大幅にバネ下重量を低減したリアサスペンション。

これらによる理想的な前後重量バランスとクラストップレベルの低重心設計で、高い運動性能と785mmという低いシート高を実現した、キムコの新しいフラッグシップモデルだ。

また、メーターにはEICMA 2016で発表した多彩な情報を表示可能なスマートメーター「Noodoe」を標準装備。スマートフォンと接続することで、天気予報や不在着信通知、各種SNSの更新情報などが可能だ。

161118_17

【関連ニュース】
スマホ接続で情報表示!KYMCO、画期的なメーターパネルシステム「Noodoe(ヌードー)」を発表

なお、日本国内販売については未定となっている。

 

デザイン

161118_13

AK 550は、あらゆるディテールに最大限の注意を払い、スポーツとプレミアムデザインの統合を実現。

フルLEDライティングシステムや流線型のゴージャスなボディから、ハイクオリティな立体エンブレムやマルチテクスチャのシート。数あるスクーターの中で際立ち、ライダーの所有欲も満たすデザインに仕上がっている。

161118_18
161118_22

 

軽量構造

161118_21

AK 550のすべてのコンポーネントは、最小限の重量で最大の強度を達成するように設計されている。

軽量アルミフレームはハイレベルなスポーツ走行に必要な剛性を提供し、軽量ラジアルタイヤと中空低圧ダイキャストアルミニウムホイールはばね下重量をさらに減少させている。

161118_20

 

計算された重量配分

161118_16

同クラスのスクーターの中でも低い重心位置を実現。すべてのボディコンポーネントをバランスさせ、前後の重量配分を50:50に近づけるように設計されている。

この重心の配置が、AK 550の高いハンドリング性能の基礎となっている。

 

ローハイトシート

161118_22

わずか785mmというローハイトなシートは、あらゆる身長のライダーに適したエルゴノミクスデザインを採用しており、ライダーの重心を低く保つ。

低いライディングポジションはライダーに自信を与えるだけでなく、ライディングエクスペリエンス全体を向上させる。

161118_08

 

フロントフォークサスペンション

161118_14

倒立式フロントフォークにラジアルマウントされたブレンボキャリパーをダブルで装備。コーナーリング中の車体の機敏性と安定性を維持し、必要な時にはいつでも高い制動力を発揮する。

 

デュアルパワーモード

161118_15

AK 550はあらゆる気象条件でツーリングを楽しめるよう、2つのパワーモードを備えている。

通常走行からスポーツ走行をカバーする「フルパワー」と、抑えられた出力と穏やかなスロットルレスポンスで、滑りやすい濡れた路面に適した「レインモード」。これらは、ハンドルに備えられたスイッチで簡単に切り替えることが可能だ。

 

実用的な収納スペース

161118_12

シート下収納スペースはフルフェイスヘルメットに加え、レインウエアなどの荷物を収納するのに十分なスペースを有し、長距離移動の為の大きなスペースと、スポーティなデザインのために必要なコンパクトなデザインを両立している。

また車体前方には小物の収納に適したグローブボックスを2ヶ所備えている。

161118_10

 

スペック(仕様諸元)

モデル AK 550

■環境性能:Euro 4

エンジン

■エンジン種別:水冷 並列2気筒 DOHC4バルブ
■排気量:550.4cc
■燃料タンク容量:15リットル
■最高出力:39.3kw(53.5ps)@7,500rpm
■最大トルク:55.64Nm@5,500rpm

トランスミッション

■クラッチ:湿式多板オートマチック
■変速機形式:CVT無段変速
■最高速度:161.7 km/h(実測値、計測条件により結果は異なる)

シャーシ

■シート高:785mm
■シート下収納スペース:フルフェイスヘルメット×1 + 1/2ヘルメット×1
※フルフェイスヘルメット寸法L365 × W290 × H270mm
■装備重量:226kg
■パワーウエイトレシオ:4.22 (226kg÷53.5ps)
■前後重量配分:49:51
■フレーム:アルミニウムフレーム
■全長×全幅×全高:2,165 × 795 × 1,400mm
■軸距:1,580mm
■バックミラー:折り畳み式 防眩ミラー
■グリップヒーター:標準装備
■シート:調整式バックレスト(工具不要)
■ウインドスクリーン:2段階調整式

サスペンション

■フロントサスペンション形式:41mm倒立式サスペンション
■リアサスペンション形式:ホリゾンタルトレーリングアームリアサスペンション
■フロントタイヤ:120/70-15(メッツラー)
■リアタイヤ:160/60-15(メッツラー)

エレクトリック

■パワーモード:フルパワー / レインモード
■タイヤ空気圧モニタリングシステム:標準装備
■ヘッドライト:LED
■リアライト:LED
■ウインカー:LED

ブレーキ

■ABS:Bosch 9.1標準装備
■フロントブレーキ形式:ブレンボラジアルマウント ダブルフローティングディスクΦ280mm
■リアブレーキ形式:シングルディスク Φ260mm

【関連ニュース】
スマホ接続で情報表示!KYMCO、画期的なメーターパネルシステム「Noodoe(ヌードー)」を発表

情報提供元 [ キムコジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る