[SUZUKI]MotoGP Rd.18 決勝 チームスズキエクスター、最終戦バレンシアを5位、8位で終える

161114_21

■2016年11月13日
■MotoGP 第18戦 バレンシアGP 決勝
■場所:スペイン コミュニタートバレンシアナ・リカルドトルノ

2016年最終戦となったMotoGPバレンシア決勝は、昨シーズン同様、超満員の観客に見守られ、午後2時、今シーズン最後のスタートを切った。ビニャーレス、アレイシ両ライダーにとって、チームスズキエクスターで走るラストレースでは、両ライダーがコンスタントに上位を走行。ビニャーレスは序盤から終盤までトップグループから離れることなく、粘りの走りで最後まで表彰台を狙い続けるも、届くことなく5位でチェッカーを受けた。

4番手グリッドから好スタートを決め、1周目の1コーナーに3番手で飛び込んだビニャーレスは、その後数周の間、ポジションをキープしながらトップを追いかけ続けたが、タイヤの消耗により中盤過ぎに5番手にポジションダウン。最後は我慢の走りを強いられ、表彰台獲得は叶わなかった。

9番手グリッドからスタートしたエスパルガロは、序盤ペースが上がらずポジションダウンするものの、すぐに再び9番手までリカバー。序盤にタイヤをセーブしたことにより、レース後半もペースダウンすることなく、最後まで激しいバトルを続け、シーズン最後のレースを8位で終えた。

2014年のバレンシアGPで、ビニャーレスおよびエスパルガロが初めてスズキ車に乗ってから丸2年。この2年という短い間に、ライダー、マシン、チームスタッフは共に大きな進化を遂げ、ライバルチームと対等に闘えるレベルに成長を遂げてきた。共にサーキットで闘ってきたチームスタッフ一同、スズキ本社の関係者一同より、ふたりのライダーに心からお礼の言葉を伝えると共に、彼らの今後の活躍を願いたい。

【フォトギャラリー】
【SUZUKI】MotoGP Rd.18 チームスズキエクスター、最終戦バレンシアを5位、8位で終える

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

ページ上部へ戻る