[YAMAHA]MotoGP Rd.18 フリー走行 地元ロレンソが最終戦の初日総合トップ、ロッシは総合8番手

161114_19

RACE DATA
■大会名称:MotoGP第18戦バレンシアGP
■開催日:2016年11月11日(金)フリー走行総合結果
■開催地:バレンシア/スペイン
■コースコンディション:ドライ
■気温:21度
■路面温度:27度

地元ロレンソが最終戦の初日総合トップ、ロッシは総合8番手

最終戦のフリープラクティスが、バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットでスタートした。Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは午前、午後のフリープラクティス序盤から順調にペースを上げ、総合トップと総合8番手を獲得した。

ヤマハで最後のレースとなるロレンソは、YZR-M1で走り続けた9年間を好成績でしめくくるため、第1セッションからプッシュを続けた。開始から15分でトップに浮上すると、ほとんどでトップをキープした。いくつかのセッティング変更を行いながらさらにペースを上げ、終盤で1分31秒045へ更新し、トップでセッションを終了した。

第2セッションでもハイスピードをキープして序盤からトップに浮上。ライバルたちがペースを上げるとロレンソもすぐにペースを上げ、セッション終盤は激しく順位を入れ替えた。この中でロレンソは、この日初めて1分31秒台を破る1分30秒463を叩き出し、2番手以下を突き放して初日を総合トップで終了した。

一方のロッシは、セッション開始早々に技術的トラブルがありピットイン。一旦はスペアマシンでコースに戻ったが、マシンの修復が終わると再び乗り換えてセッティングを行った。そして順調にペースを上げて1分31秒432を記録。ロレンソに0.387秒差の2番手でフリープラクティス1を終了した。

第2セッションではハード・コンパウンドのリアタイヤを装着してマシンのフィーリング向上を追求。ほとんどの時間帯で3番手をキープしていたが、他のペースが上がると徐々にポジションをダウン。その後、タイヤをソフト・コンパウンドに履き替えて再びペースを上げ、第1セッションの記録を上回る1分31秒257を記録。しかしトップのロレンソからは0.794秒離されて8番手となった。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ページ上部へ戻る