アフリカツインの本格オフ仕様からスモールADVモデルまで EICMAで見えてきたオフロード新潮流

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT

オフロード寄りに一歩踏み込んだコンセプト

イタリア・ミラノで開催中のEICMA2016(ミラノショー)には多くのニューモデルが出品されているが、その中でも注目したいのがオフロード系モデルの新たな動きである。

ホンダからはコンセプトモデル「AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT」が発表された。今春から日本でも発売されメディアでも絶賛された新型アフリカツインをベースにオフロード性能を進化させたエンデューロ・スポーツモデルで、随所にモトクロス・エンデューロマシン「CRFシリーズ」の軽量パーツを採用しているのが特徴。

【関連ニュース】
◆【試乗レポート】CRF1000L アフリカツイン速報レポート! 常識を変える走破性

オフロード寄りに走破性を高めた、これぞビッグオフ!!

開発テーマの「Queen of the Off-Road」に相応しく、スタイリングは軽快でスポーティーなイメージを演出。無骨で男っぽい雰囲気が漂う他のビッグオフやアドベンチャーモデルとは異なる趣を持ったモデルとなっている。

ローマに拠点を置くHonda R&D Europe S.R.Lが製作したものだが、今春開催された東京モーターサイクルショーに参考出品された「アフリカツイン アドベンチャー スポーツ コンセプト」に比べても、さらにオフロード寄りに走破性と機動力が高められているのは一目瞭然である。

モトクロッサー「CRF」と「アフリカツイン」が融合!?

AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT02

画像を見る限り、エンジンとメインフレーム、スイングアームなどの基本骨格は共通のようだが、前後サスペンションのストローク量が増えているのか車高はより高く、ロードクリアランスもより大きく設定されているようだ。ブレーキも前後ともシングルディスク仕様のより軽量タイプになっている。

また、スクリーンをはじめカウル類はよりコンパクトに、フロントフェンダーもCRFと同様のアッパーチューブに取り付けられるタイプとなり、シートとシートカウルも専用タイプに。テルミニョーニ製レーシングマフラーとブロックタイヤを採用するなど、より本格的なオフロード装備が与えられている。

そして、コックピットにはラリーマシンを思わせるオンボードコンピュータがマウントされ、ハンドルにはCRFのロゴ入りブレースパッドまで装備。
まさにCRFとアフリカツインが合体したようなメガエンデューロモデルに仕上がっている。

世界的なブームとなっているアドベンチャーツアラーでも主なステージはオンロードであるが、今回のコンセプトモデルはさらに一歩踏み込んだ領域まで攻めているマシンであり、多くのオフロードフリークが待ち望んでいたモデルの登場と言えそうだ。

「スモールアドベンチャー」ブーム到来の予感

ホンダからはこれ以外も、ダカール・ラリーで活躍中の「CRF450 RALLY」のフォルムを彷彿させる「CRF250 RALLY」や、アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングと装備に加え、都市での快適な走行と利便性を高次元で融合させた新しいジャンルのモーターサイクル「X-ADV」が発表され、日本での発売計画もアナウンスされるなど、オフ系モデルの積極的な展開が目に付く。

CRF250 RALLY06▲CRF250 RALLY

X-ADV_01▲X-ADV

一方、他メーカーからもスズキが「V-Strom(ストローム)250」を発表すれば、カワサキも「Versys‐X 300」を展示。BMWからはG310Rがベースの「G310GS」をお披露目するなど、250cc~300ccクラスの魅力的なデュアルパーパスモデルが目白押しだ。

冒険をキーワードにするならば、次は”スモールアドベンチャー”のブームが到来しそうな予感である。

Vstrom250ABS01▲V-Strom(ストローム)250

Versys-X 300_04▲Versys‐X 300

BMW G 310 GS_04▲G310GS

【関連ニュース】
【和歌山利宏 EICMAレポート】今年のEICMA(ミラノショー)は凄い。
ホンダ、EICMA2016 ミラノショーにコンセプトモデル2台を出展
ホンダ、「X-ADV」「CRF250 RALLY」を世界初公開

■[EICMA]ミラノショー関連ニュース・ギャラリー
20161110_eicma_680_182

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る