[HONDA]MotoGP Rd.18 バレンシアGP プレビュー

161111_18

MotoGP レポート

2016年シーズンの最終戦となる最終戦バレンシアGPが、11月11日(金)~13日(日)の3日間、バレンシア・サーキットで開催されます。

バレンシアGPは1999年に第1回大会が行われ、2002年からは最終戦の舞台として定着し、今年で18回目を迎えます。バレンシアGPは、シーズンで最も観客が集まる大会の一つ。今年も3日間で20万人を超える大観衆が集まることが予想されます。

このサーキットは、一周が4.005kmのテクニカルコース。スペインGPが開催されるヘレス、マレーシアGPが開催されるセパン、オーストラリアGPの舞台となるフィリップアイランド同様、ウインターテストの舞台として定着しています。そのため、ライダーの経験値が高く、チームの持つデータも豊富で、初日からレベルの高い走りが繰り広げられます。

コースの特徴は、左回りで低中速コーナーが連続し、メインストレートを除き、常にマシンがどちらかにバンクしている難易度の高いレイアウトです。また、この時期のバレンシアは不安定な天候が多く、例年、チームの総合力が要求されます。これまでも、ファンの脳裏に刻まれる名勝負とドラマが数多く繰り広げられてきました。

今シーズンは、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)がシーズン序盤から着実に表彰台に立ち、第15戦日本GPで2年ぶり3度目のタイトルを獲得しました。17戦を終えた段階で、史上最多となる9人のウイナーが誕生した今シーズンにおいて、マルケスは5勝を含む11度の表彰台に上がり、世界の頂点に立ちました。

タイトルを獲得してからの2戦は、チャンピオンらしいすばらしい走りをみせましたが、結果にはつながりませんでした。第16戦オーストラリアGPでは、シーズン7度目のポールポジション(PP)から首位を独走しますが、転倒リタイアに終わりました。

第17戦マレーシアGPでは、体調を崩しながら大会に挑み、予選4番手からトップグループに加わりますが転倒。再スタートを切って11位でフィニッシュしました。

タイトルを獲得したことで、マルケスは来年に向けてさまざまなことにトライ。まだ結果には結びついていませんが、来年に向けて、一足早くスタートを切りました。最終戦バレンシアGPは、タイトルを獲得してから初めてのホームグランプリであり、凱旋レースとなります。大勢のファンが駆けつけることは必至で、今季6勝目を挙げてシーズンを締めくくる意気込みです。

マルケスは、10年の大会では125ccクラスでチャンピオンを獲得しました。Moto2クラスでは、タイトルを獲得して迎えた12年の大会で、最後尾スタートから優勝するという伝説的なレースを披露して世界中が驚愕。

MotoGPクラスにスイッチした13年は、タイトル争いが最終戦までもつれ込む中で3位表彰台に立ち、史上最年少記録でチャンピオンを決めました。そして、14年にはシーズン最多優勝記録となる13勝目を挙げ、史上最年少記録で連覇を達成しました。

バレンシアGPで数々のドラマを生んできたマルケスですが、昨年は2位でフィニッシュ。今年は2年ぶりの優勝を狙います。

チームメートで総合6位のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)にとっては、久々の大会となります。ペドロサは、第15戦日本GPのフリー走行で転倒。右鎖骨を折り、予選と決勝を欠場します。日本GPを含む3連戦となったマレーシアGPまでを欠場し、今大会が4戦ぶりの決勝レースとなります。

バレンシアGPでは、これまで125ccクラスで1勝、250ccクラスで2勝、最高峰クラスでは、07年、09年、そして12年と3度の優勝を経験しています。13年は2位、14年は3位、15年は3位で表彰台に立ち、シーズンを通じて最も得意とするサーキットの一つ。今年は4年ぶりの大会制覇と5年連続の表彰台を目指します。

総合7位につけるカル・クラッチロー(LCR Honda)が、今季3勝目を目指します。今年は第11戦チェコGP、第16戦オーストラリアGPで優勝、MotoGPクラスのトップライダーに成長しました。

そんな中、シーズン3勝目を狙った前戦マレーシアGPは転倒リタイア。今大会はその雪辱に挑みます。昨年の大会はスタート進行でマシンチェンジ、最後尾からのスタートとなり、9位でフィニッシュしています。バレンシアGPでは11年の4位が最高位であるクラッチローが、今年はバレンシアGPで初となる表彰台の獲得に挑みます。

シーズン中盤戦をケガのために棒に振ったジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、最終戦を表彰台で飾る意気込みです。今年は第8戦オランダGPで初優勝を達成しました。後半戦はさらなる活躍が期待されましたが、ケガのために欠場が続き、苦しい時期を過ごしました。

しかし、ホームグランプリとなる第16戦オーストラリアGPで予選5番手、決勝10位。第17戦マレーシアGPでは予選14番手から8位でフィニッシュと調子を上げています。最終戦では、今季2度目の表彰台を目標に、全力で挑みます。

チームメートのティト・ラバトは、ホームグランプリとなる最終戦でベストリザルトを目指します。MotoGPにデビューした今年は、17戦を終えて9度の入賞を果たしています。ベストリザルトは第2戦アルゼンチンGPの9位。ヨーロッパラウンドに入ってから苦戦が続いていますが、地元ファンの声援を力に、今季ベストを目指します。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る