ホンダ、EICMA2016 ミラノショーにコンセプトモデル「CB1100TR」、「AFRICA TWIN ENDURO SPORTS」の2台を出展

20161109_honda_con_001

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間2016年11月8日(火)、イタリア・ミラノで開催されるEICMA2016(ミラノショー)に、コンセプトモデルを2台出展することを発表した。

今回出展するのは、ピュアなレーシングスピリットとストリートテイストを融合させた「CB1100TR CONCEPT」、オフロード性能を進化させたエンデューロ・スポーツモデル「AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT」の2台のコンセプトモデル。

いずれも、ローマに拠点を置くHonda R&D Europe S.R.Lにて製作された。

以下リリースより

CB1100TR CONCEPT

20161109_honda_con_02

CB1100をベースに、米国のフラットトラックレースの感動と興奮をイメージしたコンセプトモデルです。

開発テーマは、「King of Urban Flat Track Circuits」。通常のフラットトラックレーサーのオフロードスタイルとは対極的なイメージを演出し、ピュアなレーシングスピリットとヨーロッパで人気のあるストリートテイストを融合させました。

AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT

20161109_honda_con_001

アドベンチャーモデルのCRF1000L Africa Twinをベースに、ライダーに新たな可能性を提案するためにデザインしたコンセプトモデルです。

開発テーマを「Queen of the Off-Road」とし、他の多気筒マシンとは一線を画したコンセプトにしています。

エンデューロ・スポーツモデルとして、さらにオフロード性能を進化させ、随所にモトクロス・エンデューロマシン「CRFシリーズ」の軽量パーツを装着。スタイリングは、軽快でスポーティーなイメージを演出しました。

この2台のコンセプトモデルは、ローマに拠点を置く、Honda R&D Europe S.R.Lにて製作しました。

【関連ニュース】
◆ホンダ、「X-ADV」「CRF250 RALLY」を世界初公開 EICMA2016の出展概要を発表

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

 
■[EICMA]ミラノショー関連ニュース・ギャラリー
20161110_eicma_680_182

関連記事

編集部おすすめ

  1. アルパインスターズの国内代理店である岡田商事が、東京モーターサイクルショーの会場でエアバッグ…
  2. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  3. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  4. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
ページ上部へ戻る