ホンダ、「X-ADV」「CRF250 RALLY」を世界初公開 EICMA2016(ミラノショー)の出展概要を発表

161108_36

多くのニューモデルを発表。既に日本での販売計画も

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間2016年11月7日(月)午後8時にEICMA2016(ミラノショー)の出展概要を発表。ニューモデル「X-ADV」「CRF250 RALLY」を世界初公開する。

イタリア・ミラノで開催されるEICMA2016(一般公開:11月10日~11月13日)。今回Hondaが出展する二輪車の目玉はやはり、世界初公開となる「X-ADV」「CRF250 RALLY」だろう。

アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングの「X-ADV」と、ラリーレーサー「CRF450 RALLY」のフォルムを彷彿させる「CRF250 RALLY」。

他にも、モデルチェンジを図った「CBR1000RR Fireblade」、ミドルクラスの「CBR650F」「CB650F」、スクーターの「SH125i」「SH150i」「VISION」の2017年モデルも発表されている。

なお、今回出品するX-ADV、CRF250 RALLY、CBR1000RR Fireblade、CBR650F、CB650Fは、日本での販売が計画されている。

以下プレスリリースより


【ニューモデル】

X-ADV

161108_29

X-ADVは、お客様のより充実したライフスタイルを演出するとともに、楽しさを広げる製品として誕生しました。

アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングと装備に加え、都市での快適な走行と利便性を高次元で融合させ、新しいジャンルを目指したモーターサイクルです。

アップライトなライディングポジションと衝撃吸収性に優れた前・後サスペンションなどによって、未舗装路の走行にも考慮しています。

また、5段階に調節可能なウインドスクリーンやフルフェイスヘルメットが収納できるラゲッジボックスを装備するなど、都市部での快適な走行と高い利便性も備えています。

エンジンは、力強いトルク特性の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒745ccを搭載。トランスミッションには、Hondaの独自技術である二輪車用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備しています。

Honda Moto 2017 X-ADV

CRF250 RALLY

161108_30

開発のキーワードを「ザ・ダカールレプリカ 週末の冒険者へ!」と定め、ワークスマシンCRF450 RALLYのフォルムとカラーリングを彷彿させるスタイリングを実現しました。

快適な高速巡航を可能とする、ウインドプロテクションに優れたフロントスクリーンや、不整地走行を考慮したロングストロークの前・後サスペンションを採用。

ヘッドライトは、ラリーマシンと同様のフレームマウントで、左右非対称の二眼LEDを採用し、個性的なフロントビューとしています。

水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンは、低回転域でのトルクと高回転域でのピーク出力の向上を図ることで、扱いやすさと力強さを高めています。

なお、ブレーキシステムは、制動時の安心感を高めたABSを採用するなど、アドベンチャーモデルにふさわしい充実した装備としています。

CBR1000RR Fireblade

161108_31

新型のCBR1000RR Firebladeは、1992年発売の初代モデルCBR900RRから続く「操る楽しみ」のコンセプトを継承しながら、さらに大幅な軽量化と出力向上を図り、軽快なハンドリングと操縦性を進化させました。

またRC213V-Sのシステムをベースに開発した総合的な電子制御システムを新たに採用。ライダーをさまざまなライディングシーンでサポートします。

10月のインターモトで発表したCBR1000RR Fireblade SP/SP2のベースモデルとなるスタンダードタイプの登場です。

CBR650F、CB650F

161108_32▲CBR650F

161108_33▲CB650F

両モデルともに、エンジンは吸気系と排気系を変更することで、最高出力で3kWの向上を図りました。

また、フロントサスペンションには、ショーワ製のデュアルベンディングバルブのフロントフォークを採用し、より軽快で力強いスポーティーな走行フィーリングを実現しました。

CBR650Fのスタイリングは、スーパースポーツモデルCBR1000RR Firebladeのイメージを取り入れた、アグレッシブなデザインとしています。CB650Fのスタイリングは、さらに凝縮感を高めた力強いデザインを採用しました。

SH125i、SH150i

161108_34▲SH125i

両モデルともに、モデルチェンジを図ることで、EURO4に適合する高い環境性能を実現するとともに、出力性能をさらに高めました。

また、外観デザインを一新し、ヘッドライトとテールランプにはLEDを採用。なお、メインキーには、Honda スマートキーシステムを採用するなど、使い勝手の向上にも配慮しました。

VISION

161108_35

モデルチェンジを図った新型VISIONのエンジンは、低フリクション技術を採用した空冷・4ストローク・OHC・単気筒108ccを搭載。環境性能と力強く扱いやすい出力特性を両立しています。

また、外観デザインを一新するとともに、さらにゆったりとしたライディングポジションが可能な車体構成としています。


EICMA2016に出品した、X-ADV、CRF250 RALLY、CBR1000RR Fireblade、CBR650F、CB650Fは、日本での販売を計画しています。


Honda Moto 2017について

Honda Moto 2017では、新たにX-ADVやCRF1000L Africa Twinなどのイメージ映像を公開します。

これらの映像で、魅力あるバイク像や憧れる風景などを織り交ぜて表現することにより、バイクがもたらす”楽しさ”や”喜び”をお客様に感じていただきます。

「Honda Moto 2017」は、下記URLからご覧ください。
URL: http://hondamotoglobal.com/

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  2. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  3. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
  4. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
ページ上部へ戻る