[HONDA]JRR Rd.9 JSB1000 高橋巧がレース2で3位表彰台を獲得

161107_85

■2016年11月6日(日)・決勝
■会場:鈴鹿サーキット
■天候:晴れ
■気温:気温:17.5℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:1万5000人

JSB1000 レポート

11月6日(土)、全日本ロードレース選手権の第9戦が、三重県の鈴鹿サーキットで開催されました。最終戦を迎え、全クラスがタイトル決定戦。なお、今大会はMFJGPとして開催され、ポイント獲得者には、ボーナスポイントとして3ポイントが与えられることに。JSB1000クラスは2レース、そのほかのクラスは1レースが行われました。

レースウイークは晴天に恵まれ、木曜日から走行がスタート。木曜日、金曜日は特別走行が行われ、土曜日に予選、日曜日に決勝というスケジュールでした。

JSB1000クラスの予選はノックアウト方式で行われ、30分のタイムアタックとなったQ1でレース2のグリッドが決まり、その上位10番手までがQ2に進出。15分のアタックでレース1の上位10台が決まりました。

Q1では、高橋巧(MuSASHi RT ハルク・プロ)が3番手に食い込みます。山口辰也(TOHORacing)は8番手、秋吉耕佑(au & テルル ・ Kohara RT)は9番手となり、Q2に進出。高橋裕紀(MORIWAKI RACING)は15番手となりました。Q2では、高橋巧が2分5秒890をマークして3番手。山口は7番手、秋吉は10番手でした。

8ラップで争われたJSB1000クラスのレース1。高橋巧はスタートで大きく遅れてしまい、8番手でオープニングラップを通過します。

その後は、ライバルチームの2台がトップを争い、Hondaマシンを駆る山口、秋吉、高橋巧らが6番手争いを繰り広げながら追う展開に。結果、追い上げた高橋巧が6位に入り、山口が8位、秋吉が9位、高橋裕紀が15位となりました。

161107_87
161107_88

20ラップで争われたレース2は、オープニングラップの最終コーナーで多重クラッシュが発生。赤旗中断の波乱で始まりました。

再開されたレースでは、高橋巧がトップ集団でバトルを繰り広げました。やがて、トップ集団は中須賀克行(ヤマハ)、レオン・ハスラム(カワサキ)、野左根航汰(ヤマハ)、高橋巧に絞り込まれ、神経戦が展開。

終盤にかけて中須賀が逃げ、野左根を捕らえた高橋は3番手に浮上。そのまま、前を走るハスラムに迫ります。

161107_86

最終的に中須賀がウイナーとなり、ハスラムが2位、高橋巧は3位でチェッカーを受け、表彰台に上がりました。山口は5番手に浮上してチェッカー。秋吉は加賀山就臣(スズキ)との7番手争いを繰り広げての8位。高橋裕紀は12位となりました。

161107_89

ポイントランキングでは、高橋巧が3位に浮上。山口は4位、秋吉は11位、高橋裕紀は14位でシーズンを終えました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

ページ上部へ戻る