[MFJ]JRR Rd.9 J-GP2 関口太郎が久々の優勝、タイトルは浦本修充が獲得!

161107_84

■2016年全日本ロードレース選手権第9戦
第48回MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿

■開催
11月5日(土)公式予選/11月6日(日)決勝レース

■天候
(土曜日)天候:快晴 気温:18.8℃ コース:ドライ
(日曜日)天候:快晴 気温:17.5℃ コース:ドライ

■会場
三重県 鈴鹿サーキット(5.821km)

■観客
11月5日(土)10,500人/11月6日(日)15,000人

最終戦MFJ-GP鈴鹿 J-GP2決勝レース

関口太郎が久々の優勝、タイトルは浦本修充が獲得!

ランキングトップの浦本修充は18位以内でフィニッシュすればタイトルが決まる、という状況の中迎えたJ-GP2クラス決勝レース。勝つしかないランキング2位の関口太郎が絶好のスタートからホールショットを奪う。

161107_80

日浦大治朗、水野涼と続く。浦本は11番手あたりを走行。トップの関口は、オープニングラップから積極的な走りでレースをリード、レース序盤に早くも3秒ほどのアドバンテージを付けて独走状態に持ち込む。

161107_81

日浦、水野の後続に上和田拓海、石塚健、生形秀之、作本輝介らを加えた2番手争いがレース序盤から激しく展開されていく。

そこから徐々に抜け出した日浦は単独2位、3位争いは終盤にかけて上和田、石塚、生形、作本の4台で展開されることに。

その間にも関口は2分11秒前台のペースで周回を刻み、4.8秒の差をつけて独走で4年振りの優勝を遂げた。

激しい2番手争いは、最終ラップのシケインで生じた混乱から抜け出した作本が表彰台に上がった。浦本は10位でフィニッシュし、見事2016年全日本J-GP2チャンピオンに輝いた。

161107_82

161107_83
161107_84

詳しいリザルト

MFJオンラインマガジン
公式リザルト~MFJ公式サイト

コメント

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る