[MFJ]JRR Rd.9 J-GP3 栗原佳祐が優勝、2位に入った徳留真紀がタイトル獲得!

161107_75

■2016年全日本ロードレース選手権第9戦
第48回MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿

■開催
11月5日(土)公式予選/11月6日(日)決勝レース

■天候
(土曜日)天候:快晴 気温:18.8℃ コース:ドライ
(日曜日)天候:快晴 気温:17.5℃ コース:ドライ

■会場
三重県 鈴鹿サーキット(5.821km)

■観客
11月5日(土)10,500人/11月6日(日)15,000人

最終戦MFJ-GP鈴鹿 J-GP3決勝レース

栗原佳祐が優勝、2位に入った徳留真紀がタイトル獲得!

決勝最初のレース、J-GP3クラスはトップ争い=タイトル争いがリアルタイムで展開される見応えのあるレースとなった。

ホールショットを奪ったのは、好スタートを切ったランキングトップの徳留真紀。2番手には中村大輝、栗原佳祐と続いて1コーナーに進入するが、栗原が2番手に浮上して先行する徳留を追う。伊達悠太も3番手に浮上して、トップを追う。

161107_72

徳留は序盤から自分のペースでリードを広げようとするが、3周目に伊達がシケインでトップに浮上すると、その後は栗原、徳留の3台がテールtoノーズ、コーナー毎に順位を入れ替える激しいバトルがレース中、随所で展開された。

161107_73

この3台の勝負は、12周のレースの最終シケインまで続いた。そのシケインには栗原、伊達、徳留の順で入ったが、徳留が立ち上がりで伊達をかわして2番手に浮上、栗原が真っ先にチェッカーを受けたが、2位に入った徳留が4年振りの全日本チャンピオンを決めた。レースを面白くした伊達は3位でフィニッシュ。

後方の4位争いは安村武志が宇井陽一の追撃を振り切り、終盤に大きな集団となった6位争いは、菊池寛幸が制している。

161107_74
161107_75

詳しいリザルト

MFJオンラインマガジン
公式リザルト~MFJ公式サイト

コメント

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年4月2日に発売した新型CB1000R。欧州では10年前からこのモデルが発売されてい…
  2. 4月4日、2018年型ゴールドウイング ツアーの試乗会が開催され、その時に新型と従来型の車重…
  3. 頂点を極め、ロードレース史にその名を刻みつけた男たち。荒れ狂う2スト500ccのモンスターマ…
  4. ▲LEXi-S(インドネシア仕様) ヤマハ発動機は、インドネシアのスクーター市場で拡大するプ…
ページ上部へ戻る