[MFJ]JRR Rd.9 JSB1000 中須賀克行が2レース優勝で5連覇の快挙を達成。7回目のタイトル獲得

161107_70

■2016年全日本ロードレース選手権第9戦
第48回MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿

■開催
11月5日(土)公式予選/11月6日(日)決勝レース

■天候
(土曜日)天候:快晴 気温:18.8℃ コース:ドライ
(日曜日)天候:快晴 気温:17.5℃ コース:ドライ

■会場
三重県 鈴鹿サーキット(5.821km)

■観客
11月5日(土)10,500人/11月6日(日)15,000人

最終戦MFJ-GP鈴鹿 JSB1000決勝レース1

中須賀克行が激戦を制して優勝、5連覇、7回目のタイトルも決めた!

JSB1000クラスの決勝レース、予選2番手のレオンハスラムが好スタートを決めるものの、ホールショットは中須賀克行が奪い、レオン、津田拓也、野左根航太、渡辺一樹と続く。

8周の超スプリントレース、中須賀を逃がすまいとレオンが猛アタック、2周目のデグナーで中須賀からトップを奪うと津田、渡辺、野左根の5台によるトップ集団が形成されていく。

161107_64

JSB1000クラスとは思えない程の集団による激しいバトルが展開され、折り返しを迎えたレースは、終盤にはレオン、中須賀、渡辺の3台によるトップ争いとなった。

特にレオンと中須賀はテールtoノーズで展開され、両者の仕掛けどころで激しく競り合いが演じられた。最終ラップを前にしたシケインへトップで進入するレオンをインからかわした中須賀がトップに浮上して最終ラップに突入。

161107_65

レオンと渡辺を引き離す勢いで周回し、前人未到の記録を達成するチェッカーを受けた。

2位にはレオン、3位に渡辺。津田、野左根と続き、スタートで出遅れた高橋巧が追い上げて6位に入った。

161107_66
161107_67

詳しいリザルト

MFJオンラインマガジン
公式リザルト~MFJ公式サイト

【レース1】コメント

最終戦MFJ-GP鈴鹿 JSB1000決勝レース2

中須賀克行、全日本チャンプ貫禄の勝利を挙げる!

JSB1000決勝レース2は、オープニングラップのメインストレート上でのアクシデントにより赤旗中断、再レースとなった。

仕切り直しのスタートでホールショットを奪ったのは、アクシデントでダメージを負いながらもTカーで臨んだレオン・ハスラムだった。

161107_68

津田拓也、そして藤田拓哉がジャンプアップして続く。しかし、中須賀は順位を上げて、オープニングラップ終了時にはレオンを先頭に、中須賀、藤田、津田、野左根航太、高橋巧がトップ集団となる。

レオンはレース1と同様に中須賀を従えてのトップでレースを引っ張る。しかし、今回は20周とレース1の2倍半、中盤以降には周回遅れも発生するため、まったく異なる戦略も必要となる。

161107_69

鈴鹿のコースもそこでの周回遅れの処理なども熟知する中須賀は、レオンの後方にピタリと着き、レース中ずっとプレッシャーを与え続ける。

そして15周目にMCシケインで一気に抜き去りトップに浮上。その後はペースを上げ、レース終盤にも関わらず18周目には6秒662のファステストラップを筆頭に6秒台を連発して残り周回を走り切り、最終的には3秒5の差を付けてレース1、レース2でダブル優勝を飾り、新チャンピオンの貫禄を見せつけた。

161107_70

レオンは連続2位表彰台、3位は高橋、4位に野左根の結果となった。

161107_71

詳しいリザルト

MFJオンラインマガジン
公式リザルト~MFJ公式サイト

【レース2】コメント

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイ用品の企画・製造・販売を行うエムテック・中京は、KAWASAKI Z1/Z2用とな…
  2. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  3. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  4. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
ページ上部へ戻る