【和歌山 利宏コラム】ライテク都市伝説を斬る [その5 フロントは従輪]

【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】

20161104_wakayama_01

バイクのコントロールの主となるリアと、従うフロント

フロントタイヤが、バイクの「主輪」であるリヤタイヤに対して、「従輪」であることは、基本的には間違っていません。
バイクはリヤが路面にトラクションを伝えることで前へ進み、操舵軸からトレールの距離だけ後方にあるフロントは、リヤに引っ張られているようなものだからです。

それに、コーナーに入ってスロットルを開ければ、フロントはリヤに引っ張られて転がっているだけの感覚になり、フロントへのストレス、すなわち加重は軽減されます。(もし、その感覚がなければ、それは乗り方が間違っていることになります。フロントをこじり続けているということなのです。)

また、路面の荒れたところを通過するときは、スロットルを開けて、フロントに仕事をさせないようにすると安定します。
激しいコーナーからの脱出や切り返しで、フロントが浮いても向きを変えてくれることも、フロントが従輪であることを物語っています。

【関連コラム】
◆【和歌山利宏】ライテク都市伝説を斬る バックナンバー

フロントを「操作しない」という間違い

ところが、ライテク論の中には、四六時中、常にフロントが従輪であるかのような解説が見られます。そのことが多くの人を間違った危険な方向に導いているようにも思います。
それは、「フロントはリヤの従輪なのだから、リヤを寝かせればフロントは自然に切れてくる。その性質を生かしてコーナーに入ればいい」という間違いです。

確かに、バイクにはそういう「セルフステア」の性質があります。そのおかげで、普通に流しているペースなら、何も意識することなく、誰もがバイクの性質に身を任せて走ることもできます。
でも、リヤを寝かし、フロントの舵角をバンク角に委ねるだけで、コーナリングラインを正確にコントロールできるわけなどありません。
だから、ペースが上がり始めると、ステアリングの舵角発生が遅れ、オーバーランするという事態に陥りがちになるのです。

また、そうした乗り方では、バイクを寝かせるにしたがい舵角が大きくなり、フルバンクに向かってどんどんフロントタイヤへの負担が高まります。寝かし込み過程でフロントからスリップダウンということにもなるのです。
ですから、初期旋回の部分ではフロントを「主輪」として、ライダー自らが向きを変えてやらないといけません。でも、多くの人がそのことをないがしろにしているのが現状です。

20161104_wakayama_02

実は教習所でも習う、フロントを使った操舵

と書くと難しいようですが、優秀な教習所ではパイロンスラロームなどで、そのこと無意識に教え込んでくれます。
パイロンに合わせて正確に向きを変えるには、リヤを寝かすだけではだめで、フロントから向きを変えていかないといけないわけで、そのことも練習できるはずなのです。

ただし、そうやってフロントを使うのは中間バンク角までと考えてもらっていいでしょう。ですから、サーキット走行のフルバンクでフロントタイヤのトレッド面を荒らす乗り方は間違っていることになります。

安全なスポーツライディングには、フロントを主輪にすることも大切なのです。

【関連コラム】
◆【和歌山利宏】ライテク都市伝説を斬る バックナンバー
和歌山利宏

和歌山利宏モーターサイクルジャーナリスト

投稿者プロフィール

1975年にヤマハ発動機に入社。ロードスポーツの開発に携わる。
レーシングライダーとしても活躍し、鈴鹿8耐第4回大会では4位入賞。
85年からはヨコハマゴム契約となり、タイヤの開発テストを行うとともに、
ワイルドカード参戦した87年の日本GPでは、250ccクラスで11位に入る。
90年からはジャーナリストとしての活動を始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る