【新製品】ミシュラン、モーターサイクル用新世代スポーツタイヤ「MICHELIN POWER RS」を2017年春より順次発売

161101_14

様々な走行条件に対応し、優れた操縦安定性を発揮

日本ミシュランタイヤは、モーターサイクル用スポーツタイヤ「MICHELIN POWER RS(ミシュラン パワー アールエス)」を2017年春より順次発売することを発表した。

発売サイズはフロント4サイズ、リア9サイズの計13サイズで、価格はオープンプライスとなっている。

161101_16

MICHELIN POWER RSはミシュランが豊富に持つレース経験とそこから得た技術に加え、これまでのタイヤ開発における多様なイノベーションを1本のタイヤに結集させた、高次元パフォーマンスタイヤ。

リアタイヤにはMICHELIN ACT(アダプティブ・ケーシング・テクノロジー)※1を更に進化させたMICHELIN ACT+(アダプティブ・ケーシング・テクノロジー・プラス)を採用。

レースからフィードバックされた専用コンパウンドと新設計のケーシング構造により、直進からコーナリングに至るまで様々な走行条件に対応し、優れた操縦安定性を発揮する。

また、ドライ路面における走行時のグリップ性能と安定性と即応性に優れたハンドリング性能を兼ね備え、250ccクラスから大型車まで、幅広いライダーに次世代を感じさせる仕上がりとなっている。

161101_15▲装着イメージ

※1 直進からコーナリングに至るまで様々な角度に対応したケーシング構造。ショルダー部にかけて徐々に剛性が増すよう最適化された内部構造は、特にコーナリング時の安定性に効果を発揮する。

→全文を読む

情報提供元 [ ミシュラン自動車タイヤ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る