ヤマハ、ビジネススクーター「GEAR」がロングライフデザイン賞を受賞 長年支持された業務用スクーターの先駆け

161031_64

長年にわたり支持されてきた業務用スクーターの先駆け

ヤマハ発動機のビジネススクーター「GEAR」が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2016年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞した。

ヤマハ発動機のロングライフデザイン賞の受賞は、2012年のモーターサイクル「SR400」、2015年の「ヤマハFRPプール」に続き3度目となる。

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞は、ユーザーから長年にわたり支持され、社会におけるスタンダードを担いうるデザインに与えられる賞。

主に一般ユーザーから推薦されたデザインの中から審査が行われ、受賞が決定するものだ。

以下プレスリリースより


「GEAR」は、1994年に販売を開始し、オートマチック、容易な乗り降りと積載性を両立する車体、低く広いリアデッキ、事業者別の塗装に対応する白色樹脂の外装などが支持され、業務用スクーターの市場を開拓しました。

現在では配達業務から地方でのコミューター用途まで幅広い支持を得ています。

なお、「GEAR」はGOOD DESIGN Marunouchiにて11月20日(日)まで開催している受賞展「ロングライフデザインエキシビション2016」にて紹介されます。

161031_64▲ビジネススクーター「GEAR」

審査員コメント

都市部におけるフードデリバリーや新聞配達、メール便などさまざまな小口の配達業務に使用されている自動二輪車。狭い路地での取り回しやすさなど、快適に業務がこなせるよう細かな配慮がなされている。

宅配業務の多様化や拡大化に伴い、使用頻度の高さを考慮した壊れにくい外装カバー、視認性の良さなど、使い勝手や機能性に留意された、扱いやすく親しみのあるギア「GEAR」に成長している。

ヤマハ発動機 グッドデザインアワードサイト
http://global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/design/awards/good_design_award/

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る