[Kawasaki]JMX Rd.9 IA1 新井宏彰がランキング2位を獲得!田中教世…涙のフェアウェルレース

161031_58

■ 2016年 全日本モトクロス選手権 第9戦 MFJ GP
■ IA1
■ 開催日:2016年10月23日(日)
■ 会場名:スポーツランドSUGO

新井宏彰の最終戦(IA1/7位/7位)

最終戦には外国人ライダーの参戦があったりして盛り上がるものですが、今年はトップライダー3選手(田中教世、熱田孝高、北居良樹)の引退レースということもあり、普段とはまた違った特別な雰囲気になりましたね。

みんな気持ちを込めて走っていたし、それがこっちにも伝わってきました。自分としても負けたくはなかったんですが、コース全体の中で決まるところが全然なくて、ただ周回していただけのようなレースになってしまいました。

なんだかイマイチ乗りきれない感じでしたね。別に調子が悪かったわけではなく、周りのライダーが速かったのかなという印象です。

ヒート1はスタートもまあまあで、1コーナーのインを曲がったときは3番手ぐらいでした。もともと2コーナーのアウトから大坂の左を登る作戦だったんですが、大坂の手前が撒水でウェットになったので、それを避けたライダーたちがみんな寄ってきて前をふさがれてしまったんです。

そんなわけで、オープニングラップは5番手でした。僕のすぐ前にシーリー選手がいて、トップ争いは成田選手と山本選手。序盤はパッシングポイントを見つけられず、もたもたしていたら小島選手や平田選手に抜かれました。

中盤以降はずっと熱田選手の後ろに付いていたんですが、すごく気合いも入っていて粘られました。ブロックされちゃったし、僕も調子が悪かったんでラインが決まらず、抜きどころが見つけられませんでした。

最後は転倒で後方に下がっていた成田選手とテールトゥノーズになったんですが、なんとか逃げきって7位でゴール。大量のポイントリードを持っていた成田選手が、チャンピオンに決定しました。

→全文を読む

田中教世の最終戦(IA1/12位/8位)

今シーズン限りで引退する決意を表明したのは、最終戦の1週間前でした。正直な気持ちとしては半々…。すっきりした部分もあるし、まだ続けたいなという未練もあります。発表まではずっと悩んでいました。

北居選手に続いて熱田選手も引退表明したし、自分はどうしようかと…。冷静に考えれば契約がなければ引退ということは固まっていたんですが、いざそれを表明するとなると踏ん切りがなかなか付けられず、ずるずると悩んでいました。

引退については、ここ数年間はいつも頭の片隅にありました。ヤマハファクトリーの時は、ケガしてばかりで好成績を残せなかったし、そろそろかなということは何度か脳裏をよぎっていました。

その後プライベートになってからは、あの体制を続けるとなると厳しくて、去年が最後になるだろうと思っていたところにKRTからオファーがあり、もう少し頑張ってみようと…。ただし契約の時に1年限りと言われていたので、ここが引き際かなと考えていました。

限界とか衰えを感じたわけではないんです。まだまだやれる自信は十分あります。10年前と比べても体力が落ちているような気がしないし、疲労回復にかかる時間が少し長くなったぐらい。その辺はサプリなどで補えるし、むしろレース経験が増えた分、昔よりもポテンシャルは上がっている気がします。

ただ、プロとして続けられるかどうかというと、独身で若ければ最低限の生活でも頑張れるけれども、家族のことを考えたらそれはできない。ちゃんとした生活があってのレースです。勝てる体制があってのレースです。

以前はプライベートでチームタカセを運営していましたが、あのときはトラックもあったし、スタッフもいました。それも解散してしまった今となっては再結成は困難ですが、KRTだったら可能だった。以上が引退についての葛藤から決意に至った流れです。

この最終戦が文字通り最後になりましたが、特に引退レースという意識はしていませんでした。でも予選から決勝まで力が入りすぎていたような、どこか空回りしていたような、いま振り返るとそんな気がします。

勝って締め括りたいとか、無事に終わりたいとか、いろんな気持ちが交錯していたのかもしれません。

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki Global Racing Information ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る