[HONDA]SBK Rd.13 最終戦カタール大会でHondaの両ライダーがポイントを獲得

161031_43

■2016年10月29日(土)~30日(日)・決勝
■会場:ロサイル・インターナショナル・サーキット
■天候:晴れ
■気温:29日/27℃、30日/26℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:5427人(3日間:1万3081人)

ファン・デル・マークが総合4位、
ヘイデンが総合5位でシーズンを終える

最終戦カタール大会が、10月28日(金)~30日(日)の3日間、ドーハ郊外のロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されました。カタール大会は2005年に初めて開催され、09年まで続きました。その後、4年間はカレンダーから外れましたが、14年に復帰。以来、MotoGP同様、ナイトセッション、ナイトレースで行われています。

最終戦を迎えたニッキー・ヘイデン(Honda World Superbike Team)は、前戦スペイン大会のあと、ロードレース世界選手権(WGP)第16戦オーストラリアGPの開催地へ移動。ケガのため欠場したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)の代役として、出場するためでした。そして、代役参戦を果たしたあと、カタール大会を迎えるというハードスケジュールとなりました。

それでも、8年ぶりにRepsol Honda Teamの一員としてオーストラリアGPに出場し、予選、決勝と好走をみせたヘイデンは、カタール大会でもモチベーションを高く保ち、気合満点の走りを披露しました。

初日のフリー走行は移動の疲れ、マシンの乗り換えの影響か8番手でしたが、2日目のフリー走行で6番手、そして予選では2番手タイムをマークして、今季2度目のフロントローを獲得。第10戦ドイツ大会の3番グリッドを上回る、今季のベストグリッドから決勝に挑むことになりました。

勢いそのままに迎えたレース1では、序盤にチャズ・デイビス(ドゥカティ)、ジョナサン・レイ(カワサキ)とともにトップグループに加わり、その後は、シルバン・ギュントーリ(ヤマハ)、トム・サイクス(カワサキ)と3番手争いのグループを形成。今季5度目の表彰台が期待されましたが、タイヤの消耗に苦しみ、僅差の5位でした。

161031_44

あと一歩で表彰台を逃したヘイデンは、雪辱に挑んだレース2では、ウォームアップで不調となったエンジンを交換。規定数を超えたことから、ピットスタートのペナルティーとなり、最後尾から追い上げることになりました。このレースは、エンジンブローしたマシンによる火災が発生したため、7周を終えた時点で赤旗中断。このときヘイデンは15番手まで追い上げていました。

そして、再開した10周のレースで15番グリッドから猛列に追い上げると7位でフィニッシュ。ポイントランキングは5位でシーズンを終えました。

チームメートのマイケル・ファン・デル・マークは、レースウイークを通じて、コンディションの変化とマイナートラブルに苦戦。思うような結果を残せませんでした。予選は路面とタイヤのマッチングに苦み9番手、決勝レースも9位と11位という結果でした。

161031_45

ファン・デル・マークは、2014年にスーパースポーツ世界選手権でタイトルを獲得。15年からスーパーバイク世界選手権に参戦しました。また、鈴鹿8時間耐久ロードレースでは2度の優勝を果たしました。来季はライバルチームに移籍、今大会がHondaでの最後のレースになるため、ベストリザルトを目指していました。今季は6度の表彰台に立ち、総合4位でシーズンを終えました。

【フォトギャラリー】
【WSBK】Rd.13 Kawasakiのレイがシーズンタイトルを獲得!最終戦はデイビスが3大会連続の完全制覇

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  2. 【PR】 スポーツもツーリングも一足でこなす万能タイプ 【ビッグマシン・ゼロ…
  3. 【PR】 上位機種は通話に乗せて音楽やナビ音声まで共有 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  4. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
ページ上部へ戻る