[YAMAHA]SBK Rd.13 ギュントーリが3位で今シーズン初の表彰台獲得

161031_33

RACE DATA
■大会名称:スーパーバイク世界選手権第13戦カタール大会
■開催地:カタール/ロサイル・インターナショナル・サーキット(1周 5.380km)
■周回数:レース1:17周(91,460km)/レース2:7周(37,660km)

レース1
■開催日:2016年10月29日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度
■路面温度:28度
■PP:J・レイ(カワサキ/1分59秒356)
■FL:C・デイビス(ドゥカティ/1分57秒371)

レース2
■開催日:2016年10月30日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度
■路面温度:28度
■PP:J・レイ(カワサキ/1分59秒356)
■FL:C・デイビス(ドゥカティ/1分57秒431)

ギュントーリが3位で今シーズン初の表彰台獲得

【レース1】

2016 MOTUL FIMスーパーバイク世界選手権最終戦の第1レース。S・ギュントーリが3位を獲得し、Pata Yamaha Official World SBK Teamに、同シリーズへの参戦再開以来、初めての表彰台をもたらした。チームメイトのA・ローズも7位獲得と健闘。

ロサイル・インターナショナル・サーキットで夕方、行われたスーパーポールで4位を獲得し、グリッド2列目から第1レースをスタートしたギュントーリ。序盤でT・サイクスと競り合ったあとこれをパス、さらにプッシュを続けてN・ヘイデンに迫ると6ラップにわたって表彰台争いを展開した。

161031_38

そして残り10ラップで3位に浮上。食い下がるヘイデンを残り6ラップで突き放し、3位をキープしてチェッカーを受けた。4年ぶりにスーパーバイク・カテゴリーに復帰したヤマハに、初めての表彰台をプレゼントした。

161031_39
161031_34

ギュントーリのチームメイトのA・ローズも、予選6位でグリッド2列目。序盤は3台による6位争いを展開し、ほとんどの時間帯で8位をキープした。前を行くJ・トーレスに何度も仕掛け、最終ラップでついに7位に浮上。そのままゴールして9ポイントを獲得した。

161031_36

ギュントーリとローズは明日、現地時間17:30にウォームアップ走行を行い、21:00からの決勝に備える。

ギュントーリの連続表彰台をレッド・フラッグが阻む

【レース2】

Pata Yamaha Official WorldSBK Teamの世界選手権復帰イヤーは、まるでおとぎ話のように幕を閉じた。ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われたシーズン最終戦の第2レースで、S・ギュントーリは2位に浮上して順調に走行を続けていたが、8ラップ目に赤旗が提示されて中断。

その後、行われた10ラップの第2ヒートでは激しい4位争いを展開し、表彰台は逃したものの歓喜のチェッカーを受けることとなった。チームメイトのA・ローズもまた、グリッド後方から追い上げてトップ10フィニッシュを決めた。

シーズン最後のレース。ギュントーリは好スタートを切って3位につけ、初めはT・サイクス、X・フォーレスと激しく競り合ったが、すぐにスムースなリズムに戻り一旦バトルは落ち着いた。

その後、徐々にペースを上げて後続を引き離し、次の瞬間には前車をとらえて2位浮上に成功。ところがその矢先、1台のマシンがコースにオイルを撒いたため赤旗が提示されて中断となってしまった。

コースの清掃が終わるとすぐにレースは再開され、10ラップの第2ヒートがスタート。しかしギュントーリは出遅れて5位となり、さらに、新たに履き替えたタイヤが先ほどのような効果を発揮しなかったこともあって、まもなくJ・リーに先行を許して6位に後退した。

ここから激しいチャージを再開したギュントーリは数ラップのちに4位まで挽回。しかしすでに残り時間は少なくなっており、表彰台までの道のりを埋めることはできなかった。それでも第1レースに続いて今季最高の成績をおさめて最終戦を終了。シリーズポイントを合計141に伸ばしてランキング11位を獲得した。

161031_35

一方、いつも得意としてきたスタートで出遅れたローズ。第1コーナーでは3台が絡むクラッシュで大きくコースを外れてしまった。それでも転倒は免れて24位でコースに戻り、ここから懸命の挽回。激しいプッシュを続けて5台をパスしたところでレースは中断となった。

第2ヒートのグリッドは19位。今回は絶好のスタートを切って一気に4つポジションを上げ、さらに次々に3台をパスしてリズムをつかんだ。そして上位グループに近づくと7ラップ目で11位。トップ10フィニッシュを目指すローズは最終ラップで仕掛け、これに成功して6ポイントをゲットした。シリーズポイントは合計131。ランキング12位でシーズンを終了した。

161031_37

2016シーズンは終了したが、2017シーズンへの準備はすでに始まっている。Pata Yamaha Official WorldSBK Teamはヨーロッパへ戻り、2回の冬季テストを行う予定。新しいシーズンは2月中旬、オーストラリアはフィリップアイランドで開幕する。

Pata Yamaha Official WorldSBK Teamは、シルバンの功績に感謝する。ワールドスーパーバイク・シリーズへの復帰に際し、シーズンを通してのハードワーク、献身的な姿勢、プロフェッショナリズムでYZF-R1の開発を支えてくれた。この最終戦でついに、彼の努力が完璧な形で結実した。Crescentおよびヤマハは、彼の将来の成功を祈る。

【フォトギャラリー】
【WSBK】Rd.13 Kawasakiのレイがシーズンタイトルを獲得!最終戦はデイビスが3大会連続の完全制覇

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る