[SUZUKI]MotoGP Rd.17 予選 スズキ・エクスター、セパンは揃って3列目スタート

161031_27

■2016年10月29日
■MotoGP 第17戦 マレーシアGP 公式予選
■場所:マレーシア セパンインターナショナルサーキット

午後のフリー走行前に降り出した雨により、ウェットコンディションで行われたマレーシアGP予選は、エスパルガロ7番手、ビニャーレス8番手と、揃って3列目からのスタートとなった。

午前のFP3はドライコンディションで、ビニャーレスは堂々のトップタイムをマーク。チームメイトのエスパルガロも7番手タイムと好調な滑り出しをしたものの、午後になってスコールのような激しい雨に見舞われ、FP4、予選は共にウェットコンディションとなった。

午前のドライコンディションでは安定したラップタイムを刻み、タイムアタックも順調に行ったエスパルガロだったが、路面が濡れてからは思うようなトラクションを得ることができずに苦戦。それでもラップを重ねるうちにトップとのタイム差を徐々に縮め、フィーリングを掴んでいく。

予選セッションの終盤にタイムアップしたライダー達に押し出される形となり、エスパルガロ、ビニャーレス共に3列目に留まるも、ふたりの決勝でのパフォーマンスに期待がかかる。

午前のドライセッションではアグレッシブな走りでトップタイムを刻んだビニャーレスは、午後のウェットコンディションでも快調な走りを披露。しかしQ2セッションではタイヤのフィーリングが安定せず、思い通りのパフォーマンスを発揮できないまま、悔しい3列目スタートとなった。

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る