[HONDA]MotoGP Rd.17 フリー走行 マルケスは体調不良も首位発進。クラッチローは13番手で初日を終える

161031_09

■2016年10月28日(金)・フリー走行
■会場:セパン・サーキット
■天候:晴れ/雨
■気温:32℃
■コースコンディション:ドライ/ウエット

MotoGP レポート

日本GP、オーストラリアGPからの連戦となる第17戦マレーシアGPのフリー走行は、日本GPでタイトルを獲得し、オーストラリアGPで歴代1位となる65度目のポールポジション(PP)を獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)がトップタイムで初日を終えました。

161031_10

午前中は青空が広がる絶好のコンディション。気温も32℃まで上昇し、熱帯の国マレーシアならではのコンディションとなりました。しかし、このセッションでトップタイムをマークしたマルケスは、マレーシア入りした日から体調が優れず、この走行で脱水症状となったことから午後のセッションをキャンセル。予選、決勝に備えて休養をとることしました。

前戦オーストラリアGPで今季2勝目を挙げたカル・クラッチロー(LCR Honda)は、午前中のセッションでタイヤを交換しないでテストメニューに取り組んで13番手。午後のセッションでタイムとポジションを上げる予定でしたが、ウエットからドライへと変化していく難しいコンディションとなり、タイムを更新することができませんでした。2日目の3回目フリー走行でQ2進出を目指します。

161031_11

前戦オーストラリアGPで予選5番手、決勝10位と調子を上げているジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は16番手でした。ハーフウエットという微妙なコンディションとなった午後のセッションでは、終盤にスリックタイヤを入れて、このセッションのトップタイムをマーク、気持ちよく初日を締めくくりました。2日目のフリー走行、予選での走りに注目です。

チームメートのティト・ラバトは19番手。ここ数戦はRC213Vを攻略するためのライディングに取り組んできました。そして初日のフリー走行では、その手応えをつかむことに成功しました。2日目のフリー走行、予選では、さらなる攻略に務めます。

日本GPのフリー走行で右鎖骨を骨折し欠場しているダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)の代役として出場の青山博一は、ドライコンディションとなった1回目の走行では20番手でしたが、微妙なコンディションとなった午後のセッションでは10番手とまずまずの走りをみせました。

日本GPでの代役出場は土曜日からの走行となり、リズムをつかむのに苦労しましたが、今大会はリラックスした表情で初日を終えました。

161031_12

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る