[HONDA]MotoGP Rd.17 マレーシアGP プレビュー

161028_09

MotoGP レポート

日本GP、オーストラリアGPに続く3連戦最後の戦いとなる第17戦マレーシアGPが、10月28日(金)~30日(日)の3日間、クアラルンプール郊外のセパン・サーキットで開催されます。マレーシアGPは、1991年にシャーアラムでスタートしました。その後、ジョホールへと舞台を移し、99年からはクアラルンプール国際空港に近い、セパンで開催されるようになりました。マレーシアGPは今年で26度目、セパンでは18度目の開催となります。

セパンは一周5.543km。2本の長いストレートとバラエティーに富んだコーナーが組み合わさったレイアウトで、MotoGPマシンのテストに適していることから、ウインターテストの舞台として定着しました。マレーシアは熱帯地方であり気候が安定しているため、一年中走行することができます。今年は2月上旬に公式テストが行われました。

チームや選手にとって、セパンはシーズンを通して最もデータが豊富なサーキットと言えます。ECU(エンジン・コントロール・ユニット)の共通ソフトウエアの採用とブリヂストンからミシュランへのタイヤ変更が行われた今年は、シーズン最初のテストがセパンで開催されています。テストから8カ月。選手たちにとって、マシンのセットアップなどがどう進化したのか確かめられる大会となります。

前戦オーストラリアで今季7度目、歴代1位となる65度目のポールポジション(PP)を獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)。決勝でもトップを快走しながら、時間を追うごとに冷えていく路面でのブレーキングミスで転倒を喫しました。今大会ではシーズン6勝目に挑みます。

すでに3連戦最初の大会となった第15戦日本GPで最高峰クラス3度目のタイトルを獲得したマルケス。オーストラリアGPではチャンピオンらしい走りを存分にみせてくれたものの、結果につなげられませでした。今大会では2年ぶりのPP獲得と大会制覇を目指します。

マルケスはオーストラリアGPの後にインドネシアで行われたイベントに参加。大勢のファンにチャンピオン獲得の報告をしました。今大会ではマレーシアのファンに、チャンピオンの走りを見てもらうことになります。

チームメートのダニ・ペドロサは、日本GPのフリー走行で右鎖骨を負傷して今大会も欠場。代役として青山博一が出場します。日本GPでは土曜日のFP3から代役出場し、厳しい条件の中で15位フィニッシュ。Repsol Honda Teamにとって貴重な1ポイントを獲得しました。

大会開幕前の10月25日に35歳の誕生日を迎えた青山は、250ccクラス時代の2007年と09年に優勝。08年には2位になり、表彰台に立っています。また、MotoGPでは10年に7位という成績を残しています。

Repsol Honda Teamにとって、セパンはウインターテストでもしっかり走り込んでいるサーキット。青山は今大会でもペドロサの代役をしっかりこなし、チームタイトル獲得に向けてポイントを重ねる意気込み。今季2度目の代役出場に注目です。

前戦オーストラリアGPで今季2勝目を挙げたカル・クラッチロー(LCR Honda)は、シーズン3勝目と今季5度目の表彰台獲得を狙います。フィリップアイランドとは違い、これまでセパンではあまりよい成績を残していません。

しかし、シーズン後半戦に入ってから安定した走りとリザルトを残しているだけに、今大会でも活躍が期待されます。16戦を終えて総合6位で、欠場しているペドロサとのポイント差は14点。総合4位も視野に入ってきました。

オーストラリアで行われた前戦で10位だったジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、マレーシアGPに向けて気合いを入れています。シーズン後半戦はケガのために思うような結果を残せませんでしたが、ホームグランプリの前戦オーストラリアGPでは予選5番手。決勝では7番手争いの大集団で走り、10位でフィニッシュ。完全復調を感じさせました。今大会も引き続き上位フィニッシュを目指します。

チームメートのティト・ラバトは、得意とするマレーシアGPを楽しみにしています。今大会は、ウインターテストからの自身の成長を知る絶好のチャンス。今季ベストを狙います。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

ページ上部へ戻る