ホンダ、「ジャイロX」及び交換修理用部品に前輪がロックして転倒や走行不能となるおそれ

20161028_honda_gyrox_recall_02
※上記は参考画像

■リコール対策届出日
平成28年10月27日

■リコール対策届出番号
3917

■リコール対策開始日
平成28年10月28日

■届出者の氏名又は名称
本田技研工業株式会社
取締役社長 八郷 隆弘

■問い合わせ先
本田技研工業株式会社 お客様相談センター
TEL 0120-086819

■不具合の部位(部品名)
緩衝装置(フロントピボットアーム)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
フロントフォークにおいて、ピボットアームブッシュの表面処理が不適切なため、ブッシュホルダとブッシュ間のオーリングが早期に摩耗してグリースが流出すると、フロントピボットアームとブッシュ側面の摺動抵抗が大きくなることがある。

そのため、そのままの状態で使用を続けると、右側フロントピボットアームへ過大な応力が加わり折損し、最悪の場合、前輪ブレーキ操作時にフロントブレーキケーブルが引っ張られ、前輪がロックして転倒や走行不能となるおそれがある。

■リコール措置の内容
全車両、ピボットアームブッシュを対策品に交換するとともに、フロントピボットアーム及びオーリングを新品に交換する。

なお、改善措置用部品の供給に時間を要することから、当面の暫定措置として、全車両、フロントピボットアームを点検し、作動不良が確認されたものについては、フロントピボットアームを新品に交換し、ピボットアームブッシュにグリースを塗布する。

それ以外については、ピボットアームブッシュにグリースを塗布する。

■不具合件数
4件

■事故の有無
軽傷1件

■発見の動機
市場からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車台番号付近にNo.3917のステッカーを貼付する。

■車名
ホンダ

■通称名
ジャイロ X

■型式
JBH-TD02

■改善対策対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「ジャイロ X」
  型式:JBH-TD02
  車台番号:TD02-1100002 から TD02-1112581
  製作期間:平成23年5月9日 から 平成27年9月30日
  対象台数:12,580台
  
・通称名:「ジャイロ X」
  型式:JBH-TD02
  車台番号:TD02-1180004 から TD02-1180619
  製作期間:平成23年5月16日 から 平成27年8月21日
  対象台数:228台
  備考:郵政専用車両

・通称名:「ジャイロ X」
  型式:JBH-TD02
  車台番号:TD02-1180104 から TD02-1180669
  製作期間:平成24年1月19日 から 平成27年9月15日
  対象台数:438台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成23年5月9日 から 平成27年9月30日
・計1型式1車種
・計13,246台

交換修理用部品として出荷したもの

交換修理用部品が組み付けられた車両は、同様の改善を実施する。
※交換修理用部品の対象機種は「ジャイロX」「ジャイロUP」

■フロントフォークセット
部品番号:51110-GFY-630
     51110-GFY-660
     51110-GM6-316
     51110-GG2-316

出荷期間:平成23年10月11日 から 平成28年10月18日
対象部品数:5,873

■ピボットアームブッシュ
部品番号:51314-GFY-661
     51314-GM6-000
     51314-GG2-900

出荷期間:平成24年4月7日 から 平成28年1月18日
対象部品数:6,652

■合計
計12,525個

20161028_honda_gyrox_recall_01

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

ページ上部へ戻る