プロッツァ、電動三輪車の新型プロトタイプモデル「E-TukTuk」をラオス南部の都市パクセで試験走行開始

161025_27

環境に優しい「新たな移動手段」に現地からも期待

プロッツァは、電動三輪車の新型プロトタイプモデルを開発し、ラオス南部の都市パクセで走行試験を開始した。

現在、パクセ市民の足となっている「サムロー」と呼ばれるサイドカー型の三輪車、「トゥクトゥク」と呼ばれる前1輪・後2輪型の三輪車等のガソリン車に代わり、環境にやさしい「E-TukTuk」として普及していくことが、現地からも期待されている。

新型モデルは、乗客タイプ・乗客&貨物タイプ・貨物タイプの3タイプあり、各2台ずつ合計6台が導入された。これらの車両は同じプラットフォームで開発されており、用途に合わせてシートレイアウトを選択することが可能。また新型モデルは従来の車両よりも小型軽量化されており、狭い路地の走行や小人数での利用に適した設計となっている。

この新型の「E-TukTuk」の開発事業は、環境省による「途上国向け低炭素技術イノベーション創出事業」の補助金を受けて推進されており、同事業は電動三輪車の普及を通じてラオス国の二酸化炭素の削減を図っていくことを目的としている。

今回、現地で実施する走行試験では、現地風土への適応性、走行距離、充電頻度、バッテリーの使用状況等を調査。また、ドライバーや乗客にヒアリングを実施し、量産移行に向けた最終改良の情報収集を行う。

161025_28
E-TukTuk(操作パネル)
161025_29
E-TukTuk(乗客タイプの客席)
161025_30
E-TukTuk(貨物タイプ)
161025_31
E-TukTuk(貨物タイプの荷台)
161025_32
パクセ市街を走行するE-TukTuk
161025_33
E-TukTukによる空港への送迎
161025_34
DPWTへのハンドオーバーセレモニー
161025_35
トゥクトゥク協会でのドライバーへの研修

以下公式サイト ニュースリリースより


ラオスの電動三輪車普及に向けた取り組み

ラオスでは、電力の90%以上が豊富な水力発電で産み出されており、また反対に石油輸入が貿易赤字の多くを占めている背景から、石油エネルギーからの転換を推進しています。

2015年には、JICAによる普及実証事業を通じて、14台のプロッツァ製電動三輪車が世界遺産都市ルアンパバーンに導入されました。

パクセは、サワンナケートと並ぶラオス第二の規模を誇る都市で、また周辺の寺院には多くの海外観光客が訪れています。

現在、「サムロー」と呼ばれるサイドカー型の三輪車、「トゥクトゥク」と呼ばれる前1輪・後2輪型の三輪車が市民や観光客の足として活躍していますが、よりクリーンで安全な車両を求めるニーズが高まっています。

2017年3月には、首都ビエンチャンで「Environmentally Sustainable Transport (EST) Forum in Asia」の開催が予定されており、ラオスが国を挙げてEV普及を目指していく姿勢を打ち出しています。

→全文を読む

情報提供元 [ プロッツァ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る